あとで払い戻されるとき(療養費)

本文にジャンプします
あとで払い戻されるとき(療養費)

次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、保険年金課へ申請され、審査で決定すれば、後日、自己負担額を除いた額を支給します。

  1. やむを得ず、保険証を持たずに治療をうけたとき
  2. 医師が必要と認めたコルセット等の補装具代を、全額支払ったとき

申請に必要なもの

申請には次のものが必要です。

  • 領収明細書 
  • 診療報酬明細書(レセプト) …(「1.やむを得ず、保険証を持たずに治療をうけたとき」の場合) 
  • 医師の意見書 …(「2.医師が必要と認めたコルセット等の補装具代を、全額支払ったとき」の場合) 
  • 被保険者証、世帯主の金融機関の口座のわかるもの
掲載日:2014年5月1日