下水道事業受益者負担金とは何ですか?

本文にジャンプします
下水道事業受益者負担金とは何ですか?

下水道事業受益者負担金とは何ですか?

利用者が不特定多数である一般の公共施設(幹線的な主要道路・基幹的な公園など)は、通常全額公費(税金など)で建設されます。
下水道事業の場合、下水道管の埋設により公共下水道が整備されると、環境がよくなって生活は快適になり、便所の水洗化もできるなど多くの利便がもたらせれます。しかし、下水道施設は、利用できる地域や人が限られています。この限られた地域の人のために、市民の皆さんの税金のみを使い、下水道を整備しますと「負担の公平」を欠くことになります。
そこで、直接利益を受ける処理区域内の土地の所有者または権利者(受益者)の皆さんに、下水道事業の事業費の一部を負担していただき、より一層の整備促進を図ろうというのが受益者負担金の制度です。
負担金額は、その土地に一度限りお願いするもので、各受益者の所有する土地の面積に1平方メートルあたり480円を乗じた額をご負担いただきます。(淀江町地内においては、土地の面積に関係なく、公共ます1個につき30万円です。)
<No. 147>
更新日:2011年4月8日