単体ディスポーザは設置しないでください

本文にジャンプします
メニュー
単体ディスポーザは設置しないでください

公共下水道・農業集落排水施設・汚水処理施設をご使用の皆さんへ

「単体ディスポーザ」とは、台所の野菜くずなどの生ゴミを砕いただけで、水と一緒に下水道などへ流し出す機械のことです。
米子市をはじめ、国内の多くの下水道施設は、単体ディスポーザを使用することを前提として作られていません。
そのため、単体ディスポーザを使用すると、

  • 砕いた生ゴミや油脂類などが多量に流入し、下水道本管や宅内排水設備などが詰まりやすくなります。下水道本管などが詰まると、清掃などの維持管理に多大な費用と労力を要するばかりでなく、多くの利用者の生活に支障を来たすことになります。
    また、詰まった生ゴミなどが腐敗し、有害ガスが発生すると、悪臭の原因や管の損傷を招くことになります。
  • 下水処理場に流入する汚濁負荷量の増大により、下水処理にも支障をきたし、公共用水域の汚染の一因になります。

このようなことから、米子市では、下水道などを使用されている場合、「単体ディスポーザ」の設置を認めていません。

ディスポーザ排水処理システムの使用

単体ディスポーザに排水処理装置を追加し、単体ディスポーザに対応していない下水道などの施設でも使用できるように改良したものが「ディスポーザ排水処理システム」です。
ディスポーザ排水処理システムは、水質を一般家庭なみに処理することで、下水道などへの負担が軽減されます。
ディスポーザ排水処理システムは、個別審査した上で、使用を認めています。
設置を希望される場合は、米子市排水設備指定工事店を通じて申請してください。

単体ディスポーザの訪問販売にご注意ください

米子市では、ディスポーザの推奨や販売あっせんなどは一切、行なっていません。
訪問販売などで不審に思われた場合は、下水道部施設課までご連絡ください。

掲載日:2007年7月10日