米子の魅力を伝える「ことば」の懸垂幕を掲示しました

本文にジャンプします
米子の魅力を伝える「ことば」の懸垂幕を掲示しました

懸垂幕イメージ

米子の魅力を発信するために米子市職員から『米子の魅力を伝える「ことば」』を募集し、最優秀作品として選定された「ことば」について、懸垂幕を作成しました。
このたび、市役所本庁舎西側に掲示しましたのでお知らせします。

内容

「水  まち  自然   エンジョイ!よなご」

大きさ

縦18メートル、横1.8メートル

掲示場所

米子市役所本庁舎 西側(国道9号側)壁面

掲示期間

平成29年12月1日(金曜日)から当面の間

目的

本市の魅力を伝えることばを、市民はもとより県外・市外の方も往来する国道9号から目立つ場所に掲示することで、市内外への本市の魅力発信の一助とします。

参考『米子の魅力を伝える「ことば」』選定について

応募作品総数51
参加者87人(8チーム、個人4人)

最優秀作品

「水  まち  自然   エンジョイ!よなご」

作者提案理由

「水  まち  自然」 … 米子市民が米子のよいところ、と思っているところ
「水」 … おいしい水道水、名湧水、中海、日野川、日本海
「まち」 … 地方における拠点都市、暮らしよさ
「自然」 … 海も山もすぐ近く
「ことば」には魂が宿ると思います。「エンジョイ!よなご」をくりかえし、見たり、聞いたり、使ったりすることで、市民の方々の気持ちにも、市の施策にも、行政を担うわれわれの感覚にも、そして訪れる人々のイメージの中にも、「楽しい」「楽しめる」「楽しもう!」が宿っていき、やがて、それが米子のまちをつくる勢いとなると思います。

掲載日:2017年12月5日