米子城と柳の木

本文にジャンプします
米子城と柳の木
米子城と柳の木

柳の緑も萌える頃になりました。北国の歌人は「柔らかに柳青める北上の…」と望郷の詩をうたいましたが、加茂川の畔にも「ふる里の加茂の川辺の川柳…」と憂国の郷人の望郷の歌碑が立っています。
柳といえば、こんな昔話が語り継がれています。

…昔、ある所におりゅうという名のきれいな娘がおった。この娘の所に、背の高い、いい若者が好きになって毎日のように通って来とったが、ある日、若者が「今日でお別れだ」と寂しそうにいった。おりゅうはびっくりして「何でだ?」と聞くが、男は何もいわずに帰ってしまった。
次の日から村の中にあった柳の大木が木こりさんの手で伐られだした。何でも京の三十三間堂の棟木にするためだそうだ。ところが、伐っても伐っても昨日伐った所が今日は元通りになってしまう。困った木こりさんは、神さんにどげしたらいいかと問いながら一心に拝んだ。すると夜、神さんが木びきさんの夢に現れて、木を伐って出る木くずをすでに焼いてしまえ、と教えてくれた。その通りにしたら、さすがの柳の大木もとうとう伐り倒されてしまった。
この木を京都に運ぼうとして引っ張った。ところがおりゅうの家の前まで来たら頑として動かんようになった。「こりゃあひょっとしておりゅうの所に来とったあの若者は、この木の精霊じゃなかっただらあか?」という者がいて、おりゅうに立ち合わさせよう、いうことになった。おりゅうが優しく柳の木をなで、引っ張ると、大の男が総掛りでも動かざった大木が滑るように動き出して、無事に三十三間堂の棟木になったげな…

米子にはこんな話が伝わっています。

米子城を造った時のことだといいます。城の大手門を造る時、三本の柳の大木を伐って門の柱にしたそうで。大手門は国道九号線と湊山球場からの道(昔の内堀)が交差する南西角あたりにあったといいます。その時、さっきの「おりゅう柳」の昔話のようなことがあったのか、なかったのか、伝承されとりませんが、ただ三本の柳の大木を出した村の名が、それによって決まったんだとそうですと。さあ、何という名の村になったと思います?

………そうです。「三柳」です。三柳という地名はこうして付けられたんですと。


寛文7年(1667)6月9日 「米子城石垣御修覆願絵図」より
大手門は赤丸の中にある。現在は城山と飯山の閻を国道9号線が走り、当時の姿をしのぶことはできない。

平成12年6月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日