尾高城の山中鹿之助

本文にジャンプします
尾高城の山中鹿之助
尾高城の山中鹿之助

昔話に「三枚のお札」という話があります。

…むかし、和尚さんが小僧さんを山に花採りに行かせましたが、お守りにお札を三枚持たせました。小僧さんは花採りに夢中になり、気がつくと周りは真っ暗。困っていると、山中の一軒家に明かりが見えます。小僧さんは家に行き「一晩泊めて」と頼むと、婆さんが出て来て心よく泊めてくれました。小僧さんは昼の疲れですぐ寝てしまいましたが、夜中に目が覚めたら「この小僧はうまそうだ。こっちのほっぺから食べようかな。あっちのほっぺから食べようかな」とほほをなでとるではありませんか。こりゃ山婆だ。逃げ出さんと殺される。小僧さんが「しっこをしたい」と言うと、山婆は「わしの手の中にせえ」「そんな、もったいない」「そんなら」と小僧さんの腰に縄を付けて便所に行きました。中に入ると小僧さんは、便所の神さんに代返を頼み、縄は柱に結び付けて窓から逃げ出しました。山婆は縄を引きながら「まだかあ」「まだだあ」「まだかあ」「まだだあ」山婆はしびれを切らして戸を開け、逃げられたと知って急いで追いかけますが、小僧さんは三枚のお札に助けられて、命からがらで寺に帰った…

という話です。

元亀2年(1587)世は戦国時代で、中国地方では毛利と尼子が覇を争い、尼子側の敗色が濃くなっていました。尼子十勇士の筆頭・山中鹿之助幸盛も捕らわれの身となって、尾高城の牢に閉じ込められました。敵の様子を探るため、わざと捕らわれたともいわれます。何にしても大物でしたので警戒も厳重で、大勢の侍が彼を取り囲んでいました。
彼は捕らわれて間なしに「下痢だ」といって便所通いをしだしました。その度に警護の侍も、ぞろぞろと便所について行きましたが、何しろ1日に百数十回通ったので、最後には気を許して彼一人で行かせました。この時を待っていた彼は、便所からまんまと脱出しました。時に7月20日・今の暦で8月10日のことでした。
しかし彼は、三枚のお札を持っていません。また捕らえられ、広島へ護送途中の天正6年(1571)7月17日(太陽暦で8月20日)あわれ高梁(岡山県)の地で殺されてしまいました。享年34だったといいます。


尾高城跡は、米子ハイツを中心に公園として整備されている

平成11年8月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日