平成17年度の行財政改革の推進状況

本文にジャンプします
平成17年度の行財政改革の推進状況

米子市では新たな行財政改革の推進に向けて、平成18年3月23日に「米子市行財政改革大綱」とその実施計画を策定しました。
この実施計画では、「米子市行財政改革大綱」に基づき、平成17年度から平成21年度までの5年間に米子市が取り組むべき109の実施項目を掲げています。
このたび、この実施計画に基づく平成17年度分の推進状況をとりまとめましたので、お知らせします。

米子市行財政改革大綱実施計画の中で、平成17年度に取り組むこととしていた項目は、53項目78細目ありましたが、そのうち74細目を実施。実施率は94.9パーセントとなりました。
これらの取り組みによる平成17年度の財政効果額(実績)は、約5億7,400万円(うち一般会計分は、約5億900万円)となりました。
これにより、計画期間(平成17年度から平成21年度)全体の財政効果額の見込みは、約67億8,900万円(うち一般会計分は、約47億9,300万円)となりました。

「財政効果額」とは、歳出の削減や歳入の確保などによって得た額をいいます。

平成17年度財政効果額

平成17年度目標

5億906万8千円

平成17年度実績

5億7,397万4千円

差額

6,490万6千円

うち、一般会計分

平成17年度目標

4億2,683万2千円

平成17年度実績

5億883万2千円

差額

8,200万円

計画期間全体財政効果額(見込み)

計画期間全体の目標

66億150万3千円

平成17年度実績反映後

67億8,938万3千円

差額

1億8,788万円

うち、一般会計分

計画期間全体の目標

47億1,051万2千円

平成17年度実績反映後

47億9,344万9千円

差額

8,293万7千円

数値には、計算誤りなど実績以外の理由で修正したものを含みます。

平成17年度の実施項目と推進状況の内容などは、【資料】でご確認ください

【資料】
(資料はすべてPDFファイルです。新しいウィンドウで開きます。)

掲載日:2006年8月31日