平成28年12月から洗濯表示が変わります

本文にジャンプします
平成28年12月から洗濯表示が変わります

平成28年12月1日から、洗濯表示が国際規格に沿った新しいもの(JIS L 0001)に変更されました。
変更により国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行なえるようになり、消費者の利便性の向上が期待できます。

表示について

新しい表示は、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関してよりきめ細かい情報が提供されるようになります。
表示は「洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」の方法を示す5つの基本記号に加えて、これまで文字で表していた洗い方や温度などは、棒線や点の数で示されます。
詳細については次のPDFファイル「新しい洗濯表示リーフレット」を参考にしてください。

  リンク・新しいウィンドウで開きます 新しい洗濯表示リーフレット(消費者庁)PDF 458キロバイト)

なお、当分の間は、新旧両方の表示が混在することになりますのでご承知ください。

お問い合わせ先

ご不明な点がありましたら、次にお問い合わせください。

米子市消費生活相談室
電話:(0859)35-6566)

掲載日:2016年12月6日