化学物質過敏症で苦しんでいる方がいらっしゃいます

本文にジャンプします
化学物質過敏症で苦しんでいる方がいらっしゃいます

化学物質過敏症とは

長い間にわたる化学物質の摂取や喫煙(受動喫煙を含む)のほか、一度に大量に化学物質を摂取することによって引き起こされるとされ、アレルギーによる症状と似たような症状が現れます。重症になると仕事や家事ができない、学校へ行けないなど、通常の生活が送れない場合があります。

症状は

頭痛、めまい、どうき、腹痛、関節痛など、客観的には分かりづらい症状が現れます。
※その他、人によってさまざまな症状が現れます。

どんなもので症状が現れるの?

殺虫剤、香水などの化粧関連用品類、衣料用洗剤類、芳香剤類、タバコの煙など
※化学物質への感受性は個人差が大きいため、同じ環境にいても発症する人としない人がいます。

私たちにできること

公共の施設などでは、香水、化粧品などの過剰な使用を控えたり、禁煙を考えるなど化学物質過敏症の方へのご理解とご配慮をお願いします。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 化学物質過敏症(鳥取県ホームページ)

掲載日:2016年1月6日