後藤ヶ丘中学校仮設校舎賃貸借に対する質問と回答(平成27年1月14日入札分)

本文にジャンプします
後藤ヶ丘中学校仮設校舎賃貸借に対する質問と回答(平成27年1月14日入札分)

平成26年12月10日に、後藤ヶ丘中学校仮設校舎賃貸借について入札説明書を公開しました。その後、入札説明書等に対する質問がありましたので、回答を掲載します。

平成26年12月22日掲載分

質問工事期間中、交通整備員常駐ですが、出入口1名配置と考えてよろしいでしょうか。また、工事期間はどれほどの予定でしょうか。

回答市道から学校グラウンド内への工事出入口及び工事用通路から仮設校舎エリアへの工事出入口を想定していますが、仮設校舎等の建築時、改修時及び解体撤去時において、生徒及び学校関係者の安全確保が図れる体制を見込んでください。
また、工事期間については、仮設校舎建設の現場着手を平成27年度入学式後を予定しており、引渡しを平成27年7月16日までに、仮設校舎B棟の改修を平成27年度の終了式後から平成28年5月15日までに、すべての解体撤去を賃貸借期間終了後から平成29年3月31日までに完了していただくことが必要です。それぞれの工事に必要な期間を見込んでください。

質問平成27年度以降において、本件業務に係る予算が減額、又は削除があった場合は、当該契約を変更し、又は解除できるものとする」となった場合のリース期間短縮による減額は、支払条件にある均等分割の月額ではなく、工事費を除したリース料のみの月額の減額と考えてよろしいですか。

回答予算額の減額等により、リース期間が短縮となった場合は、当該物件の変更後の賃貸借期間に応じた賃貸借に要した経費のうち、未払額を精算して支払います。

質問「公租公課は、賃貸借に含むものとする」とありますが、当該物件においての公租公課は何が該当しますでしょうか。

回答市税の固定資産税と県税の不動産取得税を想定しています。詳細については、課税主体(米子市及び鳥取県)の担当部署に確認してください。なお、家屋に対する固定資産税については、減免措置を行うこととしていますので、後日、受注者にて手続が必要となります。

平成26年12月12日掲載分

質問入札参加資格の履行実績について、「設置」というのはプレハブ既製品等の物件設置のみを指すのか。工事としての施工実績は含まれないのか。

回答既製品等の物件設置実績だけでなく、工事としての施工実績も含みます。なお、当該案件が賃貸借案件であったかどうかは問いません。

質問予定価格が非公表ですが、制限がありますか。

回答本件入札については、最低制限価格の設定はありません。

掲載日:2014年12月22日