不育症には治療法があります

本文にジャンプします
不育症には治療法があります

…あせらず、あきらめずに。

一般に妊娠の10パーセントから15パーセントは自然流産になるといわれています。これらの多くの場合、原因は赤ちゃん側にあり、いわば偶発的なものです。したがって、一度流産しても、その次は出産できることがほとんどです。
しかし、流産・死産・早産を繰り返し、赤ちゃんを抱くことが困難な場合があります。これが不育症です。

不育症や習慣性流産(流産を3回以上繰り返すこと)の原因・治療法については、近年の医学的研究により、多くのことがわかってきました。不育症はまだ解明されていない部分があり、「原因不明」といわれる場合もありますが、検査を受けて治療し無事出産に至ったかたも、多数いらっしゃいます。

参考

不育症についての正確な情報
リンク・新しいウィンドウで開きます …  フイク・ラボ(厚生労働省研究班ホームページ)

米子市内で不育症の相談ができる医療機関
リンク・新しいウィンドウで開きます …  鳥取大学医学部付属病院女性診療科
電話:(0859)38-6642

掲載日:2012年1月16日