市議会の運営

本文にジャンプします
市議会の運営

議会の開催

議会はいつも開かれているわけではなく、ある一定の期間だけ開かれます。
定期的に開く会議を「定例会」、必要に応じて開く会議を「臨時会」といい、基本的にはそれぞれ本会議と委員会が開かれます。
米子市議会の定例会は年4回で、原則、3月・6月・9月・12月に開かれます。
会議は、原則、定数(26人)の半数以上の議員の出席がないと開くことができません。
また、議会で決める事柄は、原則、出席議員の過半数で決定します。

本会議

本会議は、議案などについて、議会の最終的な意思を決定するために議場で行われる会議です。
提出された議案について市長などが説明し、これに対し議員からの質疑が行われ、意見が述べられた後に可否の表決をします。

委員会

議案などの可否は、最終的には本会議で決められますが、市政にかかわる事項は広範囲にわたるため、あらかじめ幾つかの委員会を設け、付託された議案などを、それぞれの委員会が専門的に審査します。
委員会には、議会運営委員会、常任委員会、特別委員会があります。

リンク … 委員会

定例会の流れ

定例会の議事はおおよそ次のような流れで進められます。

招集
(市長が招集します。)

本会議

  • 開会
  • 会期決定…開会から閉会までの期間を決めます。
  • 議案説明…提案者である市長などが議案の説明をします。
  • 一般質問(代表質問・各個質問)…議案に関係なく、市政全般について市長など執行機関の考えや方針を問いただします。(代表質問は3月のみ・市長改選期の代表質問は6月のみ)
  • 質疑(議案などに対するもの)…議案などについて、不明確な点やくわしく知りたい点を市長(提案者)などに問いただします。
  • 議案等委員会付託…議案などをより慎重に専門的・効率的に審査するため、担当の常任・特別委員会や議会運営委員会に付託します。

委員会審査…付託された議案・請願・陳情をそれぞれの委員会で個別に審査します。

本会議

  • 委員長報告…それぞれの委員長が委員会での表決結果について、意見・要望を付して報告します。
  • 質疑(委員長報告に対するもの)…委員長報告の不明確な点を委員長に問いただします。
  • 討論…議案などについて、賛成又は反対の意見を述べ、賛同を求めます。
  • 表決…議案などについて、議員が賛否の意思を明らかにします。この表決結果を議決といい、議会の意思決定となります。
  • 閉会
掲載日:2014年7月15日