市議会のしくみ

本文にジャンプします
市議会のしくみ

市議会のしくみ

市議会は、選挙によって市民から選ばれた市議会議員で構成され、市の予算や市の法律である条例などについて議論し、市民生活にかかわる重要な意思を決定する機関です。このため、市議会は「議決機関」と呼ばれています。
一方、市長は、市議会の決定に基づいて市政を進めていることから、「執行機関」と呼ばれています。
市議会と市長は、それぞれ独立した立場で互いに考えを出しながら、車の両輪のように市政の発展のために活動しています。

議員の数

議員の定数は、米子市議会の議員の定数を定める条例で定めています。現在の議員の定数は26人です。
任期は4年です。

議長・副議長

議長と副議長は、議員の中からそれぞれ1人を議会の選挙によって決めます。
議長は議会の代表であるとともに、議事の整理や議会の事務を処理する権限を持っています。
副議長は議長が病気などで不在のときに議長の代わりを務めます。

会派・無所属

米子市議会では、市政に対して同じような考えかたや意見を持っている議員が、複数で構成するグループを「会派」、会派に属さない議員は、「無所属」といいます。なお、無所属の議員は、政治的理念を表現するものとして、「呼称」を使うこともあります。

議会事務局

市議会の仕事を円滑に処理するために議会事務局が設置されています。
現在7人の職員で構成され、本会議・委員会の事務や市議会の論議をまとめた会議録の作成など、さまざまな議会運営の事務に当たっています。

掲載日:2014年7月25日