米子市水道記念館

本文にジャンプします
米子市水道記念館
 大正15年(1926)6月29日に竣工し、水道創設当時から昭和45年(1965)12月までの間、車尾中央ポンプ場上屋及び監視室として上水道の安定供給を支えてきました。
 その後は米子市水道の創設当時をしのぶ歴史的な建造物として保存されていましたが、米子市制60周年記念事業の一環として、昭和62年(1987)11月に水道記念館としてリニューアルオープンしました。
 外観は白壁に赤瓦、一部にアーチの窓があるロマネスク風のモダンな建築は、長年市民に親しまれてきましたが、平成10年(1998)2月には鳥取県の「県民の建物100選」に選ばれ、また、平成13年(2001)8月には隣接する水神社、創設記念碑と共に、国の登録有形文化財として登録されました。
水道記念館外観

米子市水道記念館の外観

 
 米子の水道のあゆみをパネルや写真で紹介し、昭和20年代から30年代に使用していた水位計や塩素滅菌機などの展示、古くから米子地方に伝わる水にまつわる民話の紹介、水道に関するVTR観賞コーナー、平成12年(2000)10月6日に発生した鳥取県西部地震で被災した水道管の展示など、水道の仕組みを幅広くご紹介しております。
 車いす用スロープを設置するなどバリアフリー対応となっておりますので、あらかじめお電話等で下記までご予約のうえ、どなたでもお気軽にご参観ください。
  

当時使用していた機器

取水のしくみ

水道記念館の展示品 取水の仕組みパネル

所在地 鳥取県 米子市車尾南2丁目8番1号  アクセスのご案内
   
開館時間 平日の午前9時から午後4時まで
         (土、日、祝祭日は公開していません)

ご予約、お問い合わせは、計画課 企画広報係
営業時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(土、日、祝祭日は休業です)
〒683-0008 鳥取県米子市車尾南2丁目8番1号
電話 (0859) 32-6112[直通]
ファクシミリ (0859) 23-3530

掲載日:2015年4月2日