松くい虫被害防止のため、薬剤空中散布を実施します

本文にジャンプします
メニュー
松くい虫被害防止のため、薬剤空中散布を実施します

マツは、住宅資材、防風、防潮、山地災害の防止など、私たちの暮しを守る重要な役割を担っています。これらの貴重な資源を松くい虫被害から守るため、次のとおり米子市淀江町地内において空中からの薬剤散布を実施します。

法律で使用が認められている薬剤を使用し、安全面に十分配慮しながら薬剤散布を実施しますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

散布区域と日程

稲吉地区  山間部松林

1回目…5月27日(月曜日)午前5時から午前10時まで
2回目…6月17日(月曜日)午前5時から午前10時まで

本宮地区  山間部松林

1回目5月28日(火曜日)午前5時から午前10時まで
2回目6月18日(火曜日)午前5時から午前10時まで

  • 通学時間帯の午前7時から午前8時30分までは、散布を一時中断します。
  • 雨・風などの影響で変更になった場合は、防災無線、ホームページなどでお知らせする予定です。

散布予定区域図

(散布予定区域図はPDFファイルです。新しいウィンドウ・タブで開きます。)

リンク・新しいウィンドウで開きます 令和6年度松くい虫特別防除予定区域図PDFファイル1548キロバイト)

使用する薬剤

スミパイン乳剤(MEP80パーセント含有、18倍液)を散布します。
この薬剤は、果樹園や田畑でも一般に広く使用されている農薬(スミチオン乳剤)と有効成分が同じものです。

事故防止のためのお願い 

(1) 散布当日は、散布区域及びその付近の山林に立ち入らないでください。また、散布後7日間程度は入山を控えてください。万一、「頭痛」や「めまい」等の不調を感じたときは、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
(2) ヘリコプターの発着場所は危険なので、近寄らないでください。
(3) 散布中は、散布区域やその周辺での車の駐停車は避けてください。なお、使用薬剤がかかったと思われる場合は、すぐに洗車してください。
(4) 散布区域内で笹や山菜などを採取される方は、散布前日までに採取し、念のため散布後7日間程度は採取しないでください。
(5) 散布区域付近では、散布時に家畜を屋外に出さないでください。また、散布区域及びその周辺で牧草を採取している方は、前日までに採取するか、これらの場所の牧草は、念のため散布後7日間程度は与えないでください。
(6) 散布区域及びその周辺で農作物を生産されている方は、収穫期が近いものは前日までに収穫してください。
(7) 散布区域付近の住宅は、散布時に窓を閉め、洗濯物や飲食物などを屋外に出さないようにしてください。

お問い合わせ先

特別防除に関するお問い合わせ先

米子市淀江支所 地域生活課
電話:56-3112
ファクシミリ:56-5201

健康被害に関するお問い合わせ先

マリ医院
住所:米子市淀江町今津150
電話:56-5111


掲載日:2024年5月20日