新型コロナワクチンと他の予防接種との接種間隔について

本文にジャンプします
メニュー
新型コロナワクチンと他の予防接種との接種間隔について

新型コロナワクチン接種の前後に、インフルエンザワクチンをはじめとする他の予防接種を受けられる場合は13日以上の間隔をあける必要があります。
(例:12月5日(日曜日)にインフルエンザワクチンを接種された場合、2週間後の12月19日(日曜日)から新型コロナワクチンの接種が可能。)

  • 接種間隔が開いていない場合は新型コロナワクチンの接種が受けられません。
  • 新型コロナワクチンの接種日前後13日以内に他の予防接種の予定がある場合は、事前に他の予防接種の日時を変更いただくか、新型コロナワクチンの予約日時の変更等をお願いします。
  • 予約変更等は、インターネット又はコールセンター(電話:0570-002-741)でお願いします。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 厚生労働省HP(新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンとの接種)

お問い合わせ

米子市福祉保健部 健康対策課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室

電話:(0859)21-4080
ファクシミリ:(0859)21-8708
Eメール:vaccine@city.yonago.lg.jp

掲載日:2021年11月24日