緊急小口資金等の特例貸付を利用できないかたへ

本文にジャンプします
メニュー
緊急小口資金等の特例貸付を利用できないかたへ

【申請受付期間延長】新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯であって、条件を満たす世帯に、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。
申請受付期間が令和3年11月末日まで延長となりました

支給対象世帯

次のいずれも満たす世帯です。

  1. 緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯
    • 総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯、または、11月までに借り終わる世帯
    • 総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
    • 総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申込みに至らなかった世帯
  2. 上記1の世帯に該当した上で、次のすべてを満たしている場合
    • 収入が、次のa+bの合計額を超えないこと
      1. 市町村民税の均等割が非課税となる収入額の12分の1
      2. 生活保護の住宅扶助基準額
          単身 2人 3人
        a 7.8万円 11.5万円 13.9万円
        b 3.4万円 4.1万円 4.4万円
        ※表は、米子市の場合
    • 資産が、上記a.の6倍以下(ただし100万円以下)
    • 今後の生活の自立に向けて、次のいずれかの活動を行なうこと
      • 公共職業安定所に求職の申込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行なうこと
      • 就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行なうこと

支給額・支給期間

月額の支給額

単身世帯:6万円
2人世帯:8万円
3人以上世帯:10万円

※住居確保給付金との併給が可能です。

支給期間

3か月間

申請方法

  • 米子市役所への申請が必要です。新型コロナウイルス感染予防のため、できるだけ申請書は  郵送してください
  • 申請に必要な書類は、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書(様式1-2)裏面に記載しています。ご確認のうえ、提出をお願いします。
  • 支給期間中は、毎月、求職活動の内容がわかる書類をご提出いただきます。
    また、求職活動の状況によっては、生活保護をご案内することがあります。

受付期間

令和3年7月1日から11月30日まで
※申請受付期間が延長となりました。

受付窓口

福祉課(米子市役所本庁舎1階)

受付時間

午前9時から正午まで、および、午後1時から5時まで
(土日祝日を除く)

様式

リンク・新しいウィンドウで開きます 様式1-1:新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書PDFファイル 129キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 様式1-2:新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書PDFファイル 136キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 様式1-3:新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金再貸付不承認・過去借入状況申告書PDFファイル 96キロバイト)

注意事項

  • 新型コロナウィルス感染予防のため、申請書は  郵送でお願いします。

お問い合わせ先

米子市役所 福祉課
午前9時から午後5時まで(土日祝日を除く)
電話:0859-23-5151 または 0859-23-5152

掲載日:2021年8月31日