ワクチンの廃棄を防ぐ取り組み

本文にジャンプします
メニュー
ワクチンの廃棄を防ぐ取り組み

キャンセル待ち制度の対象者の範囲を拡大し、ワクチンの廃棄を防ぎます。

対象者(選定順位:1~5の順)

いままでの接種対象者(1~3)に加えて、4、5を対象者として追加します。

  1. 集団接種会場の業務に携わる職員および市内医療従事者
  2. 接種可能な時期が来ている人(現時点では65歳以上の方)でキャンセル待ちの申請をされた方

    リンク … 新型コロナワクチン接種キャンセル待ち登録を実施します

  3. 高齢者施設従事者(施設入所者と同時に接種予定だが、医師不足で当面の間接種ができない場合等)
  4. 災害対応等、危機管理上欠くことができない市の幹部職員(市長、副市長、総務部長)および防災関係部署職員
  5. 市内の就学前保育施設等に勤務する保育士で申請をされた人

※2、5の対象者については、申請書を受付した順に電話連絡し、連絡がつかない場合は次の受付者へ順次電話する。

条件

  • いずれも新型コロナワクチン接種の予約をしていない人
  • 指定した日時に会場に来場できる人(接種場所の希望は可能)
  • キャンセルが出なかった場合は接種できないことに同意する人
掲載日:2021年6月8日