令和2年度国民健康保険料率について

本文にジャンプします
令和2年度国民健康保険料率について

令和2年度の国民健康保険料率は次のとおりです。
※国民健康保険料の決定通知書・納入通知書は、令和2年7月中旬にお送りします。

区分 令和2年度
基礎賦課額 所得割額 前年中の総所得金額等から33万円控除した額の 7.95パーセント
均等割額 被保険者1人につき 26,000円
平等割額 1世帯につき 25,500円
賦課限度額 63万円
後期高齢者
支援金等
賦課額
所得割額 前年中の総所得金額等から33万円控除した額の 2.55パーセント
均等割額 被保険者1人につき 8,800円
平等割額 1世帯につき 8,300円
賦課限度額 19万円
介護納付金
賦課額
(40歳から64歳までの方)
所得割額 前年中の総所得金額等から33万円控除した額の 2.44パーセント
均等割額 被保険者1人につき 10,500円
平等割額 1世帯につき 5,600円
賦課限度額 17万円
  • 「基礎賦課額」「後期高齢者支援金等賦課額」「介護納付金賦課額」の合計金額が1年間の国民健康保険料となります。年度の途中に加入または脱退の場合は、月割となります。
  • 総所得金額等とは、公的年金などの雑所得、事業所得、給与所得、譲渡所得などの合計額をいいます。
    (※非課税年金である遺族年金、障害年金は除きます。)
    (※譲渡所得は、特別控除後の金額を用います。)

【参考】

リンク・新しいウィンドウで開きます 国民健康保険料計算例(令和2年度)PDF 254キロバイト)

※世帯の人数や所得状況によって、保険料の軽減の制度があります。くわしくは、次をご確認ください。

リンク … 国民健康保険料の軽減について

掲載日:2020年7月3日