「多文化共生フォーラムin米子」が開催されます(令和2年2月)

本文にジャンプします
「多文化共生フォーラムin米子」が開催されます(令和2年2月)

鳥取県主催(企画・運営:公益財団法人 鳥取県国際交流財団)による「多文化共生フォーラムin米子」が開催されます。
現在、日本に住む外国人住民は約283万人となり、鳥取県でも4,739人・66の国の人々が暮らしています(法務省在留外国人統計2019年6月調査)。
多様な文化を持つ人々が、互いの違いを認め合い、尊重しつつ、共に活躍できる「多文化共生」の地域づくりについて、皆さんと一緒に考えるフォーラムが開催されます。ぜひ、ご来場ください。

※次の画像をクリックすると、PDFファイル(688キロバイト)が別ウインドウ・タブで開きます。
tabunkakyousei2020

とき

  令和2年2月16日(日曜日) 午後1時30分から4時30分

ところ

  米子市文化ホール「メインホール」 (米子市末広町293) 

日程

  • 午後1時30分から1時35分
    開会・挨拶
  • 午後1時35分から2時45分
    基調講演「出会いこそ生きる力」―夢をつなぐ 心をつなぐ―
    講演者:女優 サヘル・ローズさん
  • 午後2時45分から3時
    休憩
  • 午後3時から4時
    パネルディスカッション
    テーマ「外国人とともに暮らす、今とこれから」
    登壇者:ファシリテーター 一般財団法人ダイバーシティー研究所 代表理事田村太郎さん、県内在住パネリスト3人
  • 午後4時から4時30分
    まとめ「グローバル社会における地域のあり方と多文化共生」
    登壇者:ファシリテーター 一般財団法人ダイバーシティー研究所 代表理事 田村太郎さん

その他

入場無料、事前申込不要、手話通訳あり

参考

リンク・新しいウィンドウで開きます … 「多文化共生フォーラムin米子」(公益財団法人鳥取県国際交流財団ホームページ)

掲載日:2020年2月10日