当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

令和元年度(平成31年度)児童手当の現況届は6月中に

本文にジャンプします
令和元年度(平成31年度)児童手当の現況届は6月中に

児童手当を受給しているかたは、毎年6月に受給資格確認のため「現況届」の提出が必要です。

現況届は、6月分以降の児童手当の支給を受けることができるかどうかを決める大切な届けです。現況届の提出がない場合、6月分以降の児童手当(支給は10月)の支給を一時差し止めます。また、提出しないまま2年が経過すると時効となり受給権がなくなります。(児童手当法第23条)

5月末から、受給者のかたに現況届を送付していますので、必要事項を記入し、押印の上、6月末までに返送してください。

提出していただくもの

現況届

「現況届」に、必要事項を記入、押印〔ゴム印・スタンプ印不可〕してください。

 ご注意ください 

「現況届」以外に必要な書類があります。

すべての受給者のかた

受給者本人の健康保険証の写し(コピー)が必要です。

  • 現況届裏面に貼付してください。
  • 児童のものではありません。 
  • 運転免許証の写しではありません。 
  • 生活保護受給中で健康保険証をお持ちでないかたは不要です。

児童と別居しているかた

別居監護申立書の提出が必要です。(対象者には、申立書を同封しています。)

 申立書  (PDF 81キロバイト)

  • その他、児童が海外留学されている場合や離婚協議中等の理由により同居優先で受給されている場合など、必要に応じて提出していただく書類があります。
  • 事前に要件が確認できているかたには、書類を同封していますので、現況届とあわせて提出してください。
掲載日:2019年5月30日