当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

ヌカカ(俗称:干拓虫)に関する情報(令和元年度版)

本文にジャンプします
ヌカカ(俗称:干拓虫)に関する情報(令和元年度版)

ヌカカとは


トクナガクロヌカカ(メス)の
電子顕微鏡写真
提供:鳥取大学医学部

ヌカカとは、ハエ目・ヌカカ科に属する体長1.5ミリから2.0ミリメートル程度の昆虫の総称です。
古くから市内弓浜地区において、かゆみなどの健康被害の報告があり、干拓虫などとも呼ばれています。網戸を簡単に通り抜けるほど微小で、衣服の中に潜り込んだりするので、被害を防止するのは容易ではありません。かまれると、かゆみが数日続くこともあります。例年、5月から6月にかけて最盛期となりますので、その時期は特に注意が必要です。

被害予防について

次のことに注意してヌカカの被害を防止しましょう。

ヌカカが活発に活動する時間帯や気象条件に注意しましょう!

朝夕、特に朝方は、注意が必要です。

風が無いときは、特に注意が必要です。

肌の露出部分をなるべくなくしましょう!

長そで・長ズボン・帽子を着用し、さらにタオルなどを首にまき、肌をなるべく露出しないようにしましょう!

肌と衣服の隙間をできるだけなくし、衣服などに潜り込んでくるのを防ぎましょう!

虫よけスプレーなどを使用しましょう!

屋外では人体用虫よけ剤が最も有効です。ヌカカは衣服に潜り込む習性があるので、露出部分だけでなく、襟元や袖口あたりやその奥にしっかりと虫よけスプレーや虫よけジェルを塗ることがポイントとなります。
近年、従来からの虫よけ有効成分「ディート」に代わり、「イカリジン」という有効成分を含有する製品が販売されています。

「イカリジン」は、皮膚刺激性がなく、使用頻度の制限がないため、お子様や皮膚の弱い方でも安心して使用できます。また、化学繊維を痛めることがないため、衣類の上からでも使用できます。

屋内での被害を軽減するためには

網戸や窓ガラスにかけて虫の侵入を防止するスプレーや蚊取り線香(ハエ取り線香)などを使用し、なるべく建物内に侵入させないようにしましょう!

リンク・新しいウィンドウで開きます ヌカカリーフレットPDF 733キロバイト)
ヌカカ被害情報収集サイトは閉設しました。

成虫の発生状況、医療機関の受診状況について

昨年度に引き続き、米子高専及び医療機関のご協力により、調査された結果を被害軽減のための情報として逐次お知らせします。

成虫の発生状況調査(調査機関 米子高専)

大量発生する時期の前後を通じて、毎週1回程度、現地採集を行ない、採集数(匹)の推移を調査します。

地点 4月
8日
4月
15日
4月
22日
4月
27日
5月
6日
5月
13日

5月
20日
A 0 0 0 0 0  0 雨天
延期
B        
0 0 0 0 0  0
  彦名町(2地点)

地点A … 中海から約400メートル内陸にある雑草繁茂地の付近
地点B … 未定

医療機関の受診者数調査(調査医院 左野皮膚科)

ヌカカの被害により医療機関を受診された患者数(疑い症例を含む)の推移を調査します。

5月
7日
から
11日
5月
13日
から
18日
5月
20日
から
25日
5月
27日
から
6月1日
6月
3日
から
8日
6月
10日
から
15日
6月
17日
から
22日
6月
24日
から
29日
7月
1日
から
6日
7月
8日
から
13日
7月
16日
から
20日
7月
22日
から
27日
0 5

(調査にご協力いただいている医療機関のみ集計しています。)

発生抑制対策について

ヌカカの発生抑制に有効だと思われるのは、土壌をアルカリ性に変えること(石灰散布)、土を掘ることにより卵を掘り返すこと(耕うん・除草)などです。つまり、荒廃農地を減らすことがヌカカの発生抑制につながります。

令和元年度の取り組み

これまでの調査研究の結果に基づき、彦名地区において、発生抑制対策のモデル事業を実施しています。

モデル事業の内容

住宅地周辺の荒廃農地におけるヌカカの発生抑制対策を促進するため、石灰散布、耕うん及び除草といったヌカカの幼虫を駆除する作業を行なったかた(対象土地の所有者または自治会)に補助金を交付する事業です。

これまでの調査、研究の結果について

平成27年度から、被害軽減のための情報提供および発生源対策の検討を目的とし、米子高専や鳥取大学と共同で発生状況、被害状況、ヌカカの生態などの各種調査を実施してきました。それらの結果についてお知らせします。

成虫の発生状況

発生時期及び発生時間帯

発生が最も多くなる時期は、年により多少前後することもありますが、だいたい5月中旬から6月末です。
発生の多くなる時間帯としては、朝方と夕方ですが、特に朝方は活発に飛び回ります。

発生地域

おおむね弓浜地区全域に発生しますが、内浜、特に彦名町が多い状況です。

土地利用の状況

住宅地や耕作地に比べ、雑草が繁茂している土地のそばでは、捕獲数が多くなる傾向があります。

気象条件

雨上がりの無風の日に多く飛び回る傾向があります。

種類

ほとんどは「トクナガクロヌカカ」で、ごくわずかに「イソヌカカ」が含まれています。

幼虫の生息状況

トクナガクロヌカカ

荒廃農地のように、雑草が茂り、腐植により水分や有機物が多く含まれる土壌に特に多く生息しています。

イソヌカカ

海岸沿いの水たまりや泥の中に生息しています。

刺咬性及び吸血性

トクナガクロヌカカ

遺伝子解析等を含め検証を試みたところ、ほとんどの個体はかまないが、ごくまれに、かんで吸血する個体が存在することを確認しました。

イソヌカカ

「イソヌカカ」の刺咬(しこう)被害は広く知られています。

被害状況

時期

おおよそ発生状況と同じ傾向となっています。

症状

強いかゆみが最も多く、患者の多くが複数回、複数箇所かまれています。箇所は首の周り、胸、背中など衣服の中が多い状況です。

性別等

受診者は子供とお年寄り、性別では女性が多い状況です。

治療

市販薬より処方されるステロイド外用剤が有効です。ほとんどは1、2週間で症状は治まります。

殺虫剤および虫よけ剤の有効性

検証を行なった薬剤は、適正に使用した場合、すべて有効と認められました。

(リーフレット参照)

網戸の目開きの有効性

一般的な網目のものでは、侵入を防ぐことはできません。網戸を使用する際は、網戸用の殺虫剤を噴霧して使用すると効果的です。

発生抑制対策の効果検証

荒廃農地からのトクナガクロヌカカの発生を抑制するため、安全に幼虫を駆除する方法(「石灰散布」及び「耕うん」)の効果を検証し、その有効性を確認しました。

掲載日:2019年5月21日