ものつくり道場

本文にジャンプします
メニュー
ものつくり道場

『第2回米子ものつくり道場指導者養成講座』おしらせ

指導者養成講座の内容

養成講座の受講者には、必修講座(ものづくり基礎・指導法)1回、選択講座(複数の実技講座より2講座選択)2回の計3回の講座を受講し、実地演習を実際のものづくり教室(今回は、9月4日(土)、米子コンベンションセンター(通称、ビッグシップ)で開催する「伯耆・秋の手づくりまつり」(予定))で行っていただきます。講座は、地場産業系(木工など)、電気系(ラジオの組み立てなど)、生物系(食品など)、機械系(金属加工など)、化学・物理系(化学製品の作成など)などがあり、日頃、あまり触れる機会のない電動工具、測定機器などを使った講座です。
講座修了者の方には、道具の貸出、場所の提供等、その後の活動に関してもバックアップをしてまいります。

第2回指導者養成講座の概要

開催日

7月17日(土),18日(日),24日(土),25日(日)

開催講座

必修講座:3時間
選択講座(1から6) 2時間

講座概要

講座名 講師 テーマ 定員
必修 ものづくり基礎・指導法講座 土井康作
1 廃油ロウソクをつくろう 向井哲朗 化学・物理系 20
2 本のイスをつくろう 田中建作 地場産業系 5
3 ジャムをつくろう 木村英人 生物系 12
4 イライラゲームをつくろう 権田英功 電気系 10
5 2石ラジオキットを組み立てよう 野口順次 電気系 6
6 金属キーホルダーをつくろう 長島正明 機械系 15

講座日程

月日 時間 講座 講師
7月17日(土) 午前9時から12時 ものづくり基礎・指導法講座 土井康作
午後1時から3時 いらいらゲームをつくろう 権田英功
7月18日(日) 午前10時から12時 ジャムをつくろう 木村英人
午後1時から3時 2石ラジオキットを組み立てよう 野口順次
7月24日(土) 午前9時から12時 ものづくり基礎・指導法講座 土井康作
午後1時から3時 本のイスをつくろう 田中健作
7月25日(日) 午前10時から12時 廃油ロウソクをつくろう 向井哲朗
午後1時から3時 金属製キーホルダーをつくろう 長島正明

※開催講座、日程が一部変更になる場合があります

実地演習

日時:平成22年9月4日(土) 午前10時から
場所:米子コンベンションセンター 多目的ホール

「とっとり産業フェスティバル2010」に出展する『伯耆・秋の手づくりまつり』内ブースにおいて演習を行う予定です。
※「ジャムづくり」は別途演習を行います

 

受講者募集について

募集期間:6月21日(月)から7月7日(水)
応募方法:指定の応募用紙に記入のうえFAXで送付いただくか、E-Mailでご連絡ください。
※電話での応募は、ご遠慮ください。
(※ 募集要項につきましては、後日改めて情報提供いたします)

問合せ・応募先

米子ものづくり道場 事務局
(鳥取大学産学・地域連携機構 米子地区地域連携部門内)
受付:平日午前9時から午後3時

TEL:0859-38-6497
FAX:0859-38-6498
E-MAIL:monodukuri@cjrd.tottori-u.ac.jp

 


米子ものづくり道場について

鳥取大学では、長年にわたり地域貢献の一環として子供向けのものづくり教室や科学教室の開催等の事業を通して、科学技術理解の増進に取り組んでまいりました。
平成20年6月、(独)科学技術振興機構(JST)の地域科学技術理解増進活動推進事業「地域ネットワーク支援」の採択を受け、「ものづくり道場」を創設いたしました。鳥取県の多くの子供たちに活動に参加してもらえるよう東部(鳥取市こども科学館)、中部(倉吉交流プラザ)、西部(米子市児童文化センター)に拠点をおくこととなりました。

指導者養成講座とは

ものづくり道場の事業の柱の一つに、「指導者養成講座」(=地域住民を対象に、ものづくり指導者を養成する講座)があります。

ものづくり指導者は、

  1. 子どもたちにものづくりの楽しさを伝え、興味や関心を引き出し、
  2. 子どもたちの疑問(原理・現象など)にある程度答えることができ、
  3. 安全に指導を行うことができる知識や技術を有する、

地域でのものづくり・科学技術理解増進活動の担い手です。

西部では、平成22年2月に「米子ものづくり道場・第1回指導者養成講座」がスタートし、5月には第1期 21名の方が修了証を手にされました。

掲載日:2011年3月15日