すこやか弁当事業を実施します(平成16年)

本文にジャンプします
すこやか弁当事業を実施します(平成16年)

米子市すこやか弁当事業を実施します

2003年11月17日

中学生は、心身ともに大きく成長する時期です。
教育委員会では、家庭の事情などで弁当を持参できない生徒の昼食状況を改善するため、民間業者が作った、栄養バランス・安全性が十分確保された弁当を提供する事業を平成16年1月から全ての中学校で実施します。

米子市すこやか弁当事業

(要綱のあらまし)

趣旨

中学校の昼食事情を改善するため、弁当販売業者が行う栄養価等に配慮した弁当販売のあっせんを行う

弁当販売業者の登録

庶務課が弁当販売業者の登録を行う。
登録基準は別に定める。

弁当販売業者の選定

学校長が登録業者の中から弁当販売業者を選定する。

事業の内容の決定

学校長がすこやか弁当事業の内容を決定し、弁当販売業者と協定書を締結する。
販売基準は別に定める。

世話人の選任

学校長が弁当の取次ぎ業務を行う世話人を選任する。
庶務課が世話人に手数料を支払う。

施設・備品の整備など

学校が弁当の保管場所を決定する。
庶務課が施設・備品の整備を行う。

所管課

庶務課がすこやか弁当事業全体を所管する。

登録業者は、米子市内に本社または調理施設を有するものとします。
弁当の献立は日替わりとし、価格は400円程度とします。

また、米子市すこやか弁当事業の実施にあたり、弁当販売業者登録の公募を行います。
教育委員会庶務課で公募要項を配布していますので、登録希望の業者のかたはお越しください。
くわしくは「米子市すこやか弁当事業に係る業者登録公募要領」をご覧ください。

新しいウィンドウで開きます
米子市すこやか弁当事業に係る業者登録公募要領 (PDF 71.6キロバイト)

掲載日:2003年11月17日