当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

四種混合予防接種・病気の説明とワクチン

本文にジャンプします
四種混合予防接種・病気の説明とワクチン

ジフテリアとは

ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染で起こります。
予防接種により、現在では患者発生数は年間0が続いています。ジフテリアは感染しても10パーセント程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。
感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様の咳、おう吐などで、偽膜という膜ができて窒息死することもあります。発病2から3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺(まひ)を起こすことがあるため注意が必要です。

百日咳とは

百日咳菌の飛沫(ひまつ)感染(ウイルスや細菌が咳やくしゃみなどにより、細かい唾液や気道分泌物に包まれて空気中に飛び出し、約1メートルの範囲で人に感染させること)で起こります。

症状は、普通の風邪症状で始まります。続いて咳がひどくなり、顔を真っ赤にして連続的に咳き込むようになります。咳の後に急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。乳幼児は咳で呼吸ができず、唇が青くなり、けいれんが起きることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こします。乳児では命を落とすこともあります。

破傷風とは

破傷風菌はヒトからヒトではなく、土の中にいる菌が、傷口からヒトの体内に入ることで感染します。
菌が体内で増えると、菌の出す毒素によって口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもあります。患者の半数は気づかない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。また、お母さんが抵抗力(免疫)をもっていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

 ポリオ(急性灰白髄炎)とは

「小児まひ」とよばれ、日本でも1960年代前半までは流行を繰り返していました。 現在は、予防接種の効果で国内の自然感染は報告されていません。しかし、現在でもパキスタン、アフガニスタンなどではポリオの流行があります。これらの地域でポリオに感染し、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。

人から人に感染し、症状が出る場合、ウイルスが、まひを起こすことがあります。約1000から2000人に1人の割合で手足にまひを起こします。一部の人には、そのまひが永久に残ります。まひの症状が進行し、呼吸困難により死亡することがあります。

 

四種混合・二種混合ワクチン

四種混合は1期として初めに3回、1年から1年半後に追加接種を1回行ないます。 なお、ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオのいずれかにかかったかたも、四種混合ワクチンを接種できます。

また、2期として11歳から12歳に二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)を接種します。
回数が多いので、接種し忘れに注意してください。

ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオはその数が少なくなったとはいえ、いずれも重症な合併症や日常生活に支障をきたすような後遺症を残したり、死に至ることもある病気です。これらの病気にかからないように予防接種を受けておくことをお勧めします。

副反応について

副反応としては、注射部位の発赤・腫れ・しこりなどの局所反応が主で、7日間までに四種混合で約18パーセント、二種混合で31パーセント認められます。通常発熱は出ませんが、接種当日に37.5℃以上の発熱を認めることがあります。発赤や腫れは数日で自然に軽快します。
重い副反応はなくても、機嫌が悪くなったり、腫れが目立つときなどは医師にご相談ください。

予防接種を受けたあとの注意事項

予防接種を受けたあと30分間は、接種会場でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応はこの間に起こることがあります。
接種後、1週間は副反応の出現に注意しましょう。 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、わざと接種部位をこすることはやめましょう。 接種当日は、はげしい運動はさけましょう。

掲載日:2011年3月10日