当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

米子市公用車に防犯ステッカー(平成18年3月)

本文にジャンプします
米子市公用車に防犯ステッカー(平成18年3月)

 米子市公用車に防犯ステッカー

…みんなでつくろう  安全・安心のまち

2006年3月17日

米子市では平成18年3月22日から、市有自動車(公用車)の全車両159台の左右側面に「防犯パトロール中」のステッカーを貼り、犯罪の発生防止、安全確認などに注意を払いながら業務中、走行します。

侵入盗やひったくり、車上ねらいといった身近な場所で発生する犯罪で、わたしたちの安全・安心が脅かされています。
とりわけ、全国各地で幼い子どもが犠牲となる痛ましい事件が続発し、子どもたちの安全・安心をどうやって確保するかが、きわめて深刻な社会問題になっています。
米子市内でも、犯罪の発生を防止し、子どもたちの安全を自らで守ろうと、青色回転灯を装備した自動車や自転車による防犯パトロールなど、市民による自主防犯活動も展開されてきています。

米子市では、これまでも、防犯灯設置費の助成、防犯ブザーの貸与などを実施してきましたが、市民の安全と安心を確保するための「防犯広報パトロール」を実施することにしました。

「防犯広報パトロール」の目的

  • 啓発…市民の防犯意識の高揚
  • 安心…市民や子どもたちの安心感
  • 防犯…犯罪行為の抑止、防止
  • 保護・救護・通報…犯罪行為を発見したときの迅速な対応

「防犯パトロール中」ステッカーを貼った公用車で“見せる防犯”活動を意識しながら、日中、人や車の通行が少ない場所や見通しが悪い場所などを走るようにし、特に、児童や生徒の下校時間帯は、通学路を重点的に走行するようにします。

掲載日:2006年3月17日