水の事故に注意しましょう(平成21年7月)

本文にジャンプします
水の事故に注意しましょう(平成21年7月)

米子市では、海水浴などでの事故がないよう皆さんに注意を呼びかけています。

海水浴での注意点

海水浴では

  • 子供から目を離さないようにしましょう
  • お酒を飲んでからの遊泳はやめましょう
  • 離岸流に注意しましょう
  • 河口流に注意しましょう

離岸流とは

離岸流とは、岸から沖に向かう強い流れのことで、砂浜以外にも海岸の構造物に沿って沖に流れることもあります。

実際に海岸を訪れて離岸流が流れている場所を見つけることは、海に親しんでいる人でも難しいことです。保護者のかたは絶対に子供達から目を離さず、また、1人で遊泳させないようにしてください。

離岸流によって沖に流されているときには、岸にまっすぐ戻ろうとしないで、「岸に平行に泳ぐ」ことで抜けることができます。

河口流とは

河口付近は河川の流れと海の流れが入り混じる場所であり、気象・海象や河川の流量、地形によって流れのパターンは変化し、複雑な流れとなっています。

河川水と海水がぶつかる場所では、上層と下層で流れの向きが異なることがあり、危険です。河口に砂が溜まり、川幅が狭くなると、平常時でも流れが強くなります。

河口付近は危険なので絶対に泳がないでください!

保護者の皆さんへ

  • 幼児・子どもは怖いもの知らずです。
    目を離さず、海辺での1人遊びはさせないようにしましょう。

  • 水の怖さや、危険な場所について、日頃から具体的に子供に教えておきましょう。

【参考】

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)「海水浴場での事故をなくしましょう」(第8管区海上保安部公式ウェブサイト)

掲載日:2009年7月29日