当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

子ども手当を支給します(平成22年4月)

本文にジャンプします
子ども手当を支給します(平成22年4月)

これまで小学校6年生(12歳到達後最初の3月31日)までの児童を養育するかたに支給していた児童手当に替わり、中学校3年生(15歳到達後最初の3月31日)までの子どもを養育するかたに、子ども手当を支給する制度が創設されました。

平成22年4月1日時点で中学校2年生、3年生の保護者のかたと、所得制限により児童手当を受給していない保護者のかたは、市役所こども未来課、または、淀江支所市民生活課で子ども手当を受給するための手続きが必要となります。

なお、子ども手当の創設に伴う新規申請等は、平成22年9月30日までに受け付けたものに限り、特例として、4月1日、または、支給要件に該当した日の属する月の翌月にさかのぼって支給されます。

子ども手当はどんな制度?

子ども手当は、次世代の社会を担う子どもの育ちを社会全体で支援する観点から実施するもので、受給者(保護者)の所得制限を設けないとともに、子どもの年齢や出生順位にかかわらず、一律に月額13,000円を支給するもので、平成22年度における制度です。

支給対象

中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日まで)の子どもを養育しているかた

支給額

子ども1人につき  月額 13,000円

支払時期

原則として平成22年6月、10月、平成23年2月、6月

だれが対象となるの?どんな手続きが必要?

中学校1年生まで(平成9年4月2日以降生まれ)の子どもがいる保護者のかた

これまで、児童手当を受給していたかたは、新規に手続きをする必要はありません。4月分から子ども手当が支給されます。

中学校2年生または3年生の子ども(平成7年4月2日から平成9年4月1日まで生まれ)がいる保護者のかた

現在、児童手当を受給していないかたは「認定請求書」の提出(新規認定手続き)、現在すでに児童手当を受けている方は「額改定請求書」の提出(増額手続き)が必要となります。

これまで、所得制限により児童手当を受給していない保護者のかた

「認定請求書」の提出(新規認定手続き)が必要となります。

公務員のかた

勤務先での手続きとなります。

いつまでに、どこで申請するの?申請に必要なものは?

申請受付期間

平成22年9月30日まで(平成22年10月以降に申請をされた場合は、申請月の翌月からの支給となりますのでご注意ください。)
ただし、4月以降に出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合、子ども手当を受給するには、その都度「認定請求書」の提出が必要となります。この場合、申請月の翌月からの支給となります。

申請場所

こども未来課(米子市役所1階)
電話:(0859)23-5135

市民生活課(淀江支所1階)
電話:(0859)56-3113

「認定請求書」の提出に必要なもの

  • 印章(ゴム印、スタンプ印は除きます。)
  • 健康保険証(厚生年金、共済年金等に加入している場合必要です。国民年金のかたは必要ありません。)
  • 請求者(保護者)名義の振込希望金融機関の預金通帳(普通預金)

その他、状況により別途提出していただく書類がある場合は、窓口で説明します。その場合、必要書類は後日の提出で結構です。

「額改定請求書」の提出に必要なもの

  • 印章(ゴム印、スタンプ印は除きます。)

 

掲載日:2010年4月7日