海岸に漂着した信号発煙照明筒に注意!!(平成20年3月)

本文にジャンプします
海岸に漂着した信号発煙照明筒に注意!!(平成20年3月)

平成20年3月8日、エアークラフトフロートライト(信号発煙照明筒)1本が、島根県隠岐島東岸に漂着しました。

漂着した照明筒は、第八管区海上保安部美保航空基地が訓練のために使用した7本のうちの1本で、本来は燃焼後に海中に沈んでしまうものですが、何らかの原因で漂着したものです。
隠岐島での発見時には、少量の発煙が確認されています。

現在、鳥取県沿岸部への漂着は確認されていませんが、今後、漂着する可能性もありますので、ご注意ください。
なお、爆発などの危険性はありません。

エアークラフトフロートライト(信号発煙照明筒)の特徴

  • 長さ約80センチ・直径約15センチで、銀色の円筒形
  • 「見つけたかたは危険ですので最寄りの航空基地までご連絡下さい」などの表示があります。

海岸などで見つけたときは

触ったりせずに、第八管区海上保安本部まで連絡してください。

連絡先

第八管区海上保安本部
電話:(0859)45-1100

掲載日:2008年3月10日