海岸に漂着したポリ容器に注意!!(平成20年2月)

本文にジャンプします
海岸に漂着したポリ容器に注意!!(平成20年2月)

平成20年2月6日、島根県益田市の海岸で100個を超すポリ容器の漂着が確認され、一部のポリ容器には、強酸性の液体が残っていたとの情報がありました。
2月7日には、米子市の海岸でも、同じ種類のものと思われるポリ容器の漂着が確認されました。

漂着したポリ容器の特徴

  • 容器は18リットル
  • 青、白、黒色のものが確認されています。
  • ハングルの表示があります。

住民の皆さんへ

漂着したポリ容器や中の液体を、手で触れたり、口に入れたりしないでください。

皮膚に触れた場合は重傷のやけど、眼に入った場合は失明、吸いこむと、のど・気管支を負傷することがあります。

漂着したポリ容器を発見した場合は、触らずに、すぐに米子市役所へ連絡してください。

連絡先

平日

防災安全課(電話:23-5337)
環境政策課(電話:23-5300)

夜間・休日

米子市役所宿直(電話:22-7111)

漁業関係者の皆さんへ

漂流中のポリ容器を発見した場合は、持ち帰るなどせず、118番通報か、最寄りの海上保安部署、県無線漁業協同組合へ連絡してください。

魚網に混入していた場合は、その場でそのまま海へ戻し、118番通報か、最寄りの海上保安部署、県無線漁業協同組合へ連絡してください。

ポリ容器を触る場合は、ゴム手袋などを使用し、直接触れないよう取扱いにじゅうぶん注意してください。

掲載日:2008年2月6日