平成22年度国民健康保険の保険料率について

本文にジャンプします
メニュー
平成22年度国民健康保険の保険料率について

平成22年度の国民健康保険料率についてお知らせします。

平成22年度は、「旧淀江町の保険料率の統一」と、「賦課限度額(上限額)の改定」がありました。

旧淀江町の保険料率の統一

旧米子市と旧淀江町の合併にあたり、合併施行日(平成17年3月31日)の前日に旧淀江町にお住まいで、引き続き旧淀江町にお住まいの国民健康保険の加入者に対しては、旧淀江町の保険料率を継続して適用する措置を講じてきました。

この措置は平成21年度で終了し、平成22年度からは統一した保険料率を適用します。

賦課限度額(上限額)の改定

医療費が増加する中、負担感が強いといわれる中間所得層の負担感を軽減するため、平成22年度から賦課限度額(上限額)を一部改定します。

  • 基礎賦課額…現行47万円から50万円に
  • 後期高齢者支援金等賦課額…現行12万円から13万円に

平成22年度米子市国民健康保険・保険料率

「基礎賦課額」、「後期高齢者支援金等賦課額」、「介護納付金賦課額」の合計金額が、1年間の国民健康保険料となります。

基礎賦課額(医療保険分)

区分 平成21年度 平成22年度
所得割額 前年中の総所得金額から
33万円控除した額の
旧米子市:5.8パーセント
旧淀江町:4.8パーセント
5.8パーセント
資産割額 土地・家屋にかかる
当該年度の固定資産税額の
旧米子市:16.4パーセント
旧淀江町:16.9パーセント
16.4パーセント
均等割額 被保険者1人につき 旧米子市:20,500円
旧淀江町:18,500円
20,500円
平等割額 1世帯につき 旧米子市:19,500円
旧淀江町:15,600円
19,500円
賦課限度額 47万円 50万円

後期高齢者支援金等賦課額

区分 平成21年度 平成22年度
所得割額 前年中の総所得金額から
33万円控除した額の
旧米子市:2.3パーセント
旧淀江町:1.9パーセント
2.3パーセント
資産割額 土地・家屋にかかる
当該年度の固定資産税額の
旧米子市:9.6パーセント
旧淀江町:9.8パーセント
9.6パーセント
均等割額 被保険者1人につき 旧米子市:8,000円
旧淀江町:7,000円
8,000円
平等割額 1世帯につき 旧米子市:7,500円
旧淀江町:6,000円
7,500円
賦課限度額 12万円 13万円

介護納付金賦課額

区分 平成21年度 平成22年度
所得割額 前年中の総所得金額から
33万円控除した額の
1.95パーセント 1.95パーセント
資産割額 土地・家屋にかかる
当該年度の固定資産税額の
9.6パーセント 9.6パーセント
均等割額 被保険者1人につき 9,200円 9,200円
平等割額 1世帯につき 4,800円 4,800円
賦課限度額 10万円 10万円

介護納付金賦課額がかかるのは、40歳から64歳のかたです。
なお、介護納付金賦課額は、旧米子市・旧淀江町ですでに統一しており、今回変更はありません。

掲載日:2010年4月9日