米子市内で3例目の新型インフルエンザ患者が発生しました

本文にジャンプします
米子市内で3例目の新型インフルエンザ患者が発生しました

…冷静な対応を

平成21年7月23日に市内3例目(県内21例目)となる新型インフルエンザ患者が確認されました。

感染が確認されたのは、米子市在住の24歳の男子学生(夏季休暇中)で、7月24日現在、自宅療養中です。

患者は、7月20日にフィリピンから帰国、21日は他県に滞在、22日に39度の発熱、せき、のどの痛み、関節痛、頭痛、けんたい感があり、総合発熱相談センターに相談のうえマスクを着用し外来協力医療機関を受診。PCR検査の結果、新型インフルエンザ陽性が確定しました。

患者の活動範囲は限定されており、学校、保育園、福祉施設等の休校、休所、イベント等の自粛は必要ないと思われます。

市民の皆様には感染を防ぐために引き続き、うがい、手洗い、せきエチケットなどの感染予防策を励行してください。
なお、「急な発熱」や「せき」、「のどの痛み」などのインフルエンザ症状が現れた場合は、総合発熱相談センター(電話:0859-31-5800)または「かかりつけ医」に電話でご相談のうえ、必ずマスクを着用し受診してください。

【参考】
 リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)「7月21日から新型インフルエンザを診療できる医療機関が拡大しました 」(鳥取県公式ウェブサイト)
 リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)「新型インフルエンザ(A/H1N1)にかかる自宅療養の手引き 」(鳥取県公式ウェブサイト)

米子市内での新型インフルエンザ発生状況

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)米子市内で新型インフルエンザ患者(2例目)が発生しました

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)米子市内で新型インフルエンザ患者(1例目)が発生しました

【参考】
   新型インフルエンザに関連する情報

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)「新型インフルエンザ対策関連情報」(厚生労働省公式ウェブサイト)

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます)「鳥取県の新型インフルエンザ対応 」(鳥取県公式ウェブサイト)

掲載日:2009年7月24日