【旧記事】市営葬儀の廃止と葬祭助成事業の開始のお知らせ

本文にジャンプします
【旧記事】市営葬儀の廃止と葬祭助成事業の開始のお知らせ

米子市では、葬儀の多様化や社会情勢の変化などにより、市営葬儀の利用が年々減少するなかで、市営葬儀事業のありかたについて検討を重ねてきました。
検討の結果、平成18年10月31日で市営葬儀事業を廃止することとしました。昭和24年以来57年間、長らくのご利用まことにありがとうございました。
市営葬儀事業廃止後は、葬儀を執り行なうことが困難となるかたを対象に、新たに葬祭助成事業を始めますので、どうぞご利用ください。

市営葬儀事業の廃止

廃止日:平成18年10月31日

葬儀が10月31日までに完了するものについては、これまでどおり葬儀の請負を行ないます。

葬儀申込み先:市営葬儀事務所


受付は終了しました

葬祭助成事業の新設

市営葬儀事業の廃止により、葬儀を執り行なうことが困難となるかたを対象に、葬儀費用の一部を助成します。

助成事業の実施期間

平成18年11月1日から平成22年3月31日まで

助成対象者

市が指定する民間の葬祭事業者(協力事業者)に依頼して、自宅、寺院、地域の集会所などで137,000円以下の葬儀を執り行なうかた。

協力事業者は、10月に決定します。
決定後、「米子市ホームページ」や「広報よなご」などでおしらせします。

助成の要件

  1. 葬儀を執り行なうかたか、亡くなられたかたが米子市内に住所を有すること
  2. 次のかたすべてが、市県民税非課税であること
    • 亡くなられたかた
    • 葬儀を執り行なうかた
    • 葬儀を執り行なうかたと同一世帯のかた
    • 葬儀を執り行なうかたを扶養しているかた
    • 葬儀を執り行なうかたと同一生計のかた

助成額

葬儀支払額の3分の1(100円未満切り捨て)
限度額:45,600円

申し込み方法

1.協力事業者へ葬儀申し込み

協力事業者の中から葬儀を依頼する事業者を選び、事業者に直接、葬儀を申し込んでください。
葬儀を依頼される際には、必ず事前に、「葬祭助成事業を利用したい」ということを協力事業者に伝えてください。

2.葬儀
3.協力事業者へ葬儀代金支払

協力事業者へ葬儀代金全額をお支払いください。

4.市へ助成申請

「米子市葬祭助成金交付申請書」に、領収書と明細を添えて、市役所1階市民課4番窓口へ助成申請してください。

必要書類:
米子市葬祭助成金交付申請書
(申請書は市民課4番窓口にあります)

添付書類:
協力事業者が発行する領収書と明細
(このほかに住民票、課税証明書が必要な場合があります。)

5.助成金交付

市は申請内容を審査し、助成の要件にあてはまれば、助成金を交付します。

掲載日:2006年8月9日