当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

石綿管と水道水について

本文にジャンプします
石綿管と水道水について

水道用石綿管について

水道管に使用している管の一つとして石綿管という管種があります。
 費用が安く、施工が簡便なことから、主に昭和40年代まで使用されてきました。
 この石綿管の中にはアスベストが含まれていますが、世界保健機構(WHO)が策定・公表している飲料水ガイドラインでは、動物実験において飲料水に含まれるアスベストからの発ガン率増加は認められていないことから、「飲料水中のアスベストについて、健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はない」と結論付けられています。

 厚生労働省の見解では、「アスベストは呼吸器からの吸入に比べ、経口摂取に伴う毒性は極めて小さく、また、飲料水中のアスベストについて、健康影響の観点からガイドライン値を定める必要はない」と結論付けられております。また、水道局では安全な水を安心して飲んでいただけるよう、水道法に基づき定期的に検査をしており、水質検査結果は毎月このホームページでも公表しています。

 米子の水道は、大山山麓や日野川流域の豊かな自然にはぐくまれた良質かつ豊富な原水に恵まれており、昭和60年に厚生省(当時)の「おいしい水研究会」が人口10万人以上の都市から選定した「全国おいしい水32選」の中にも選ばれています。原水の大部分が良質な深井戸から取水する地下水であるため、浄水処理の必要がなく、塩素滅菌だけで皆さまのお宅までお届けしております。
 今後とも皆さまの蛇口へとお届けする水道水を、どうぞ安心してご飲用ください。

 

お問い合わせは、米子市水道局 計画課
電話(0859)32-6112[直通]
〒683-0008 鳥取県米子市車尾南2丁目8番1号
ファクシミリ (0859)23-3530
営業時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
      (土、日、祝祭日は休業です)

 

 

 

掲載日:2017年11月17日