松くい虫被害防止の薬剤空中散布日を変更します

本文にジャンプします
松くい虫被害防止の薬剤空中散布日を変更します

島根県出雲市で健康被害が多発したことを受け、延期していた松くい虫空中農薬散布を、平成20年6月9日・10日と24日・25日に行ないます。
(23日・24日の予定でしたが、23日が雨天のため、順延とします。)

散布にあたっては、これまでにも増して安全対策を行ないますので、皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

散布区域と日程

福岡、稲吉地区 山間部松林

1回目…6月9日(月曜日) 午前5時から午前10時
2回目…6月24日(火曜日) 午前5時から午前10時

中西尾、西尾原、本宮地区 山間部松林

1回目…6月10日(火曜日) 午前5時から午前10時
2回目…6月25日(水曜日) 午前5時から午前10時

なお、通学・通園の時間には散布を中断します。
雨・風などの影響で変更になった場合は、防災無線でお知らせする予定です。

散布区域図

松くい虫防除実施区域図

画像をクリックすると、新しいウィンドウ・タブでPDFファイルが開きます。
1.64メガバイト

使用する農薬

スミパイン乳剤(MEP80パーセント含有)を散布します。
この農薬は、果樹園や田畑でも一般に広く使用されているものです。

事故防止のためのお願い

  • 散布当日に、散布区域内やその付近の山林に入ると、人によっては、頭痛やめまいなどをおこすことがありますので、散布後7日間程度は入山を控えてください。
    なお、万が一、頭痛、めまい、吐き気などの反応を感じられたかたは、淀江支所地域振興課まで御連絡ください。

  • ヘリコプターの発着場所は危険ですから、近寄らないようにしてください。

  • 散布中は、地域内での駐停車は避けてください。
    なお、使用薬剤がかかったと思われる場合は、すぐに洗車してください。

  • 散布時には、家畜やペットを屋外に出さないようにお願いします。
    また、散布区域やその隣接した場所で牧草を採取しているかたは、前日までに採取するか、これらの場所の飼料は、念のため散布日から7日間程度は与えないでください。

  • 散布区域内で、ちまき用の笹や山菜などを採取されるかたは、散布前日までに採取してください。
    散布日に採取する場合は、散布区域やその周辺以外で採取してください。
    散布区域やその周辺で採取される場合は、散布後7日間程度は控えてください。

  • 散布区域付近の住宅は、散布時には窓を閉め、洗濯物や飲食物などを外に出さないようにしてください。

安全対策

  • 散布前・散布中の風の確認などを、より一層細かく行ないます。
  • 散布地区周辺の監視員を増員します。
  • 通学路に監視員を配置します。
  • 通学・通園の時間には、散布を実施しません。
  • 地元住民による観察・緊急連絡体制を整備します。

また、散布後には

  • 新たに学校・保育所周辺で確認のため、落下板を置きます。
  • 散布後に学校・保育所に異常がないか、確認します。
  • 空気中の農薬の濃度測定を実施します。

松くい虫被害防止の薬剤空中散布に関しては、検討を行なった結果、

  1. 松林が有している森林としての機能、災害防止、水源かん養、景観などを保全する必要性があること
  2. 地元から強い要望があること
  3. 空中散布の実施しないことで、松枯れが急激に広がるおそれがあること
  4. 米子市が空中散布を実施している松林がある山は急で、伐倒など、空中散布以外の対策が困難な状況であること
  5. 隣接町と一体となった松林の保護が必要であること
  6. 出雲市で発生した眼の異常の症状と農薬空中散布との因果関係は不明だが、米子市の散布区域は山中の松林であり、散布地の中に集落もなく、地形からも人の健康への影響の可能性は極めて低いと考えられること
  7. じゅうぶんな安全対策をとることにより、人の健康への影響の可能性を更に低下させられること

の理由から実施することとしました。
ご理解をお願いします。

変更日:2008年6月23日

掲載日:2008年6月6日