委員募集

本文にジャンプします
委員募集

募集は終了しました

大好きな米子を、みんなで支えあって
より暮らしやすいまちに、より元気なまちにするために!
「米子市民自治基本条例
(仮称)」の案を一緒につくりませんか?

米子市は現在、自治基本条例の策定に取り組んでいます。

「自治基本条例」とは…

「自分たちのまちのことを、みんなで考えて決め、決めたことを1人ひとりが責任を持って実行していく」のが、地方自治の本来あるべき姿です。
これを進めていく上で、誰がどのような役割を果たすかなど、基本的な理念や原則を定めたのが「自治基本条例」で、「まちの憲法」とも言われます。

次世代へと引き継いでいく米子のまちの自治の理念や原則ですから、みんなで話し合い、考え、創りあげていく必要があります。
米子市では、この条例を行政と議会だけでつくるのではなく、広く市民の皆さんから意見をいただき、「市民による市民のための条例づくり」としていきたいと考えています。
そこで、「米子市民自治基本条例(仮称)」の素案を検討する市民自治基本条例検討委員を募集します。

「まちの憲法」とか、「自治の理念」や「原則」って、なんか難しそう…
でも、みんなで話し合って元気な米子をつくるなんて、楽しそうだし、すごく興味があるんだけど。

大丈夫!
米子のまちを元気にする方法や考えかた、仕組みを、ちゃんとしたかたちにして、みんなで守っていこうというものなの。
市民、自治会、市民団体、NPO、企業、議会、市長や市の職員…米子市のメンバー全員が持てる力を発揮して、いきいきと活躍できて、みんなが幸せに暮らせる米子をつくるためのルールづくりよ!

募集期間は、平成20年2月4日から3月15日まで。
住民自治の社会づくりに興味のあるかた、
市民主役のまちづくりを心から希望されるかた、
やる気のある皆さんのご参加を、心よりお待ちしています!

米子市民自治基本条例検討委員

募集人数

24人

募集期間

平成20年2月4日(月曜日)から3月15日(土曜日)まで

応募資格

平成20年2月4日現在、満18歳以上で、市内にお住まいか、通勤・通学されているかた

任期

平成20年4月から2年間

主な活動内容

条例素案の検討・作成や、素案に対する意見募集、素案のPRや説明などをしていただきます。

報酬

報酬はありませんが、交通費程度の費用をお出しします。

会議

会議は、全体会の「検討委員会」と、グループ会議の「専門部会」で構成します。
検討委員会は、原則として月1回程度の開催。
専門部会は、随時開催。
どちらも、平日夜間に開催します。
なお、第1回の会議は、平成20年4月に予定しています。

応募方法

小論文を、協働推進課に提出してください。

小論文は、

  1. 応募の動機
  2. みんなで支え合う(協働)米子のまちづくりについての考え
  3. まちづくりを進める上で、市民が果たす役割

の3つすべての内容を含むものを、800字程度にまとめて提出してください。
様式は自由ですが、住所・氏名(ふりがな)・生年月日・職業(団体・学校名)・電話番号(連絡先)を明記してください。

提出方法

窓口提出

米子市役所本庁舎4階 協働推進課にお持ちください。

郵送・ファックス・Eメール

郵送の場合、平成20年3月15日の当日消印有効です。

送り先

郵便番号683-8686
米子市加茂町1丁目1番地
米子市協働推進課

ファックス番号:(0859)23-5354

Eメール:協働推進課あてのメール

選考方法

選考委員会で小論文を審査します。
合否の結果は、4月上旬ごろまでにお知らせします。

掲載日:2008年2月1日