令和3年度分の固定資産税に係る価格に関する審査申出の特例について

本文にジャンプします
メニュー
令和3年度分の固定資産税に係る価格に関する審査申出の特例について

固定資産税の納税者は、固定資産の価格に不服がある場合、定められた期間内において、固定資産評価委員会に対し、審査申出をすることができます。

令和3年度分の固定資産税に係る価格に関する審査申出については、価格が上昇した土地であっても税額を据え置く特別な措置が令和3年度に講じられたことに伴い、当該特別な措置の適用対象となった土地に係る令和3年度の価格について、特例として審査申出期間が設けられましたのでお知らせいたします。



従来の審査申出期間

 価格の登録の公示の日から納税通知書の交付を受けた日から3か月を経過する日までの間

特例として設けられた審査申出期間

 令和4年4月1日から令和3年度の納税通知書の交付を受けた日から15か月を経過する日までの間

掲載日:2022年4月20日