【事業者向け】事業継続応援特別支援金

本文にジャンプします
メニュー
【事業者向け】事業継続応援特別支援金

新型コロナウイルス感染症の影響による外出の自粛やイベント類の縮小・中止で経営に影響を受けた事業者に対し、事業を再開、継続していただくための給付金の交付を行ないます。

リンク・新しいウィンドウで開きます ちらしPDFファイル 572キロバイト)

申請は、原則郵送にて受け付けます。
詳しくは下部「申請方法」をご確認ください。

鳥取県コロナ禍緊急交付金活用事業

対象・要件

  以下の全てを満たしている方が給付対象です。

  • 米子市内に事務所又は事業所を有する事業者である。
  • 令和元年7月~9月のいずれかの月の売上高と比較して、令和2年と令和3年の同月の売上高が 両方とも50%以上減少している  ※令和元年7月以降事業開始の場合は別要件
  • 次のア又はイのいずれかに該当する。
    ア 不特定多数の来客があり、対面での接客を要する事業を営んでいる。
    イ アに該当する事業者と、直接、反復し、及び継続して取引を行っている。
  • 従業員を雇用している場合は、支援金の交付を受けた後、その雇用を継続する意思がある。
  • 支援金の交付を受けた後、事業活動を継続する意思がある。
  • 新型コロナウイルス感染症の予防及び感染の拡大の防止のための対策を徹底して実施している。

ただし、以下に該当する場合は対象になりません。

  • 法人税法第2条第5号に規定する公共法人(例:国立大学法人・地方公共団体)
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「性風俗関連特殊営業」又は当該営業に係る「接客業務受託営業」を行なう事業者
  • 政治団体、宗教上の組織又は団体
  • タクシー事業又は自動車運転代行業を営む者
  • 米子市暴力団排除条例に規定する暴力団員等
  • 上記のほか、支援金の交付の目的に照らし、その交付の対象とすることが適切でないと市長が認める者

給付額

    10万円給付は、1事業者につき1回です)

申請方法

下記の提出書類をダウンロードの上、必要事項を記入してください。
 (ダウンロードができない方は、市役所第2庁舎4階の商工課もしくは本庁舎1階の総合案内に用紙を設置しておりますのでご利用ください)
 申請は、原則郵送にて受け付けます。

申請期限は令和4年1月14日(金曜日)必着です。

提出書類

  1. 交付申請書兼支払請求書

    リンク・新しいウィンドウで開きます 交付申請書兼請求書PDFファイル 215キロバイト)

    リンク・新しいウィンドウで開きます 交付申請書兼請求書Wordファイル 37キロバイト)

  2. 令和元年と令和2年の売上金額を確認することができる書類の写し
    (新規創業特例対象者にあっては、令和元年又は令和2年のうち「3 売上減少の申告」欄に記入した期間を含む年の売上金額を確認することができる書類等の写し)

    (1) 法人の場合
     法人税の確定申告書別表第一の写し
     法人事業概況説明書(月別の売上げを確認することができる頁を含む。)の写し

    (2) 個人事業者の場合
     所得税申告書第一表の写し
     青色申告決算書(月別の売上げを確認することができる頁を含む。)の写し
     (白色申告の場合、月別の売上げをすることが確認できる売上台帳等(任意様式)の写し)

     ※申告書は、税務署の収受印があるものを添付してください。収受印がない場合は、電子申告の完了報告書又は納税証明書(その2)を添付してください。

  3. 令和3年の売上金額(「3 売上減少の申告」欄に記入した月のもの)が確認できる書類(経理ソフト等で作成したもの、手書きの売上帳など様式は問いませんが、例えば「2021年9月分」と明確に記載されているなど、申請書兼請求書に記載した年月の売上高であることがわかるものであり、かつその月の売上高の合計額が確認できる資料を提出してください)

  4. 振込先金融機関口座の確認ができる書類(例:通帳の表紙と表紙の裏面の写し等)    

Q&A

リンク・新しいウィンドウで開きます Q&APDFファイル 450キロバイト)

お問合せ/申請書提出先

米子市経済部商工課 
〒683-0067 米子市東町161-2(市役所第2庁舎4階)
 電話:070-3794-0951/080-6074-7166
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土日、祝日をのぞく)

掲載日:2021年10月22日