営業時間短縮要請に伴う米子市飲食事業者等特別支援金

本文にジャンプします
メニュー
営業時間短縮要請に伴う米子市飲食事業者等特別支援金

米子市内で7月21日から8月3日にかけて実施された 営業時間短縮要請の対象区域外で通常20時以降も営業を行っている飲食店等を運営する事業者並びに飲食店等に飲食料品や消耗品、その他サービス等を提供する事業者を支援するため、支援金の支給を行ないます。

対象

以下のいずれかに該当し、かつ、給付要件を満たす方が対象です。

飲食店又は喫茶店を営業する事業者

次の全てを満たす「対象店舗」を営業していることが給付要件です。

  1. 米子市内かつ、令和3年7月21日から8月3日まで米子市内で実施された営業時間短縮要請の対象区域外に所在している
  2. 食品衛生法上の許可を受けている
    ※ただし、宅配・テイクアウト、宿泊者のみを対象とする宿泊施設の食堂、イートインスペースを有するスーパーマーケット、コンビニ、ネットカフェ等は除きます。
  3. 通常、20時以降も営業している(店内飲食営業)
  4. 店舗(店内飲食営業)の令和3年7月又は8月のいずれかの売上高が、令和3年4月~6月の平均売上高と比較して10%以上減少している
  5. ガイドライン等を遵守して感染予防・拡大防止対策を行っている

飲食店への納入店を営業する事業者

給付要件は次のとおりです。

  1. 米子市内で通常20時以降も営業している飲食店又は喫茶店へ直接かつ反復・継続して、その利用者が直接消費する飲食料品又は飲食をするために直接使用する物品等(割りばし・おしぼり等)を提供していること。もしくは、飲食業を営業するにあたって必要であると認められるサービス(清掃・クリーニング等)を提供していること。
  2. 上記(1)の事業を運営するための事務所又は事業所を米子市内に有していること。
  3. 令和3年7月又は8月のいずれかの売上高が、令和3年4月~6月の売上高の平均と比較して10%以上減少していること(事業者全体の売上)
    ※7月以降に営業を開始したなど、上記方法で売り上げの比較ができない場合はお問い合わせください。

支援金額

飲食店又は喫茶店を営業する事業者

自らが営業する「対象店舗」1件につき10万円

飲食店への納入店を営業する事業者

20万円
※給付は1事業者に対し1回限りです。

Q&A

リンク・新しいウィンドウで開きます Q&A(随時更新します)PDFファイル 147キロバイト)

申請方法

書類による申請

以下の書類を米子市商工課へ郵送で提出してください。
申請期限は、9月30日(木曜日)です。

  1. 飲食事業者等特別支援金交付申請書兼請求書(PDF/Word
  2. 申請者が飲食店又は喫茶店を営業している場合のみ
    申請書兼請求書に記載した飲食店又は喫茶店の営業許可証の写し
  3. 申請書兼請求書に記載した各月の売上高が確認できる書類
    ※経理ソフト等で作成したもの、手書きの売上帳など様式は問いませんが、記載した年月の売上高であることが分かり(「2021年○月分」等と明確に記載されていること)かつその月の売上高の総合計額を確認することができる資料を提出してください。
  4. 申請書兼請求書に記載した飲食店又は喫茶店の通常営業時間を確認できる資料
    ※通常営業時間が明記された店舗ホームページや店舗紹介サイトの写し、看板の写真等
  5. 支援金振込先口座の金融機関・支店名、種別、番号並びに名義及びそのフリガナが確認できる書類
    (例:通帳の表紙とその裏面)
電子申請
  以下のURLからとっとり電子申請サービスへアクセスし、申請してください。
  ※マイナンバーカード(個人事業者)又は商業登記の電子証明書(法人)を利用した電子署名が必要です。
  https://s-kantan.jp/city-yonago-tottori-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=3578
 

参考様式(必要に応じてご利用ください)

  1. 営業許可の名義と申請者が異なる場合の申立書(PDF/Word

申請先・問い合わせ先

〒683-0067 鳥取県米子市東町161-2 (市役所第2庁舎4階)
米子市商工課支援金担当
電話番号(専用回線):080-6074-7166 / 070-3794-0951

掲載日:2021年8月11日