平成21年度 米子市下水道事業の収支状況をお知らせします

本文にジャンプします
平成21年度 米子市下水道事業の収支状況をお知らせします

下水道は、生活排水などの汚水や、雨水を処理することで、公衆衛生・水質保全・環境保全、さらには、水害防止を担っています。
下水道には、主に市街地で行なっている「公共下水道事業」と、農村地域(農業振興地域)で行なっている「農業集落排水事業」があります。

下水道事業特別会計の収支状況

平成21年度の歳入歳出決算は、単年度収支で3億1千6百万円の黒字となったものの、過去の累積赤字額(約12億5千5百万円)に対する繰上充用(会計年度の歳入が歳出に不足する場合に、翌年度の歳入を繰り上げて、その年度の歳入に充てること)を行なったため、9億3千9百万円の赤字となりました。
平成14年度以降、地方債元利償還金の増加に伴う収支不足が累積していましたが、平成19年度の使用料改定後は、単年度収支が黒字となり、累積赤字を順調に減少させています。
平成21年度末の累積赤字を示す実質収支は、9億3千9百万円ですが、今後も計画的な縮減を図り、平成28年度には赤字を解消する予定です。
下水道使用料は、健全な下水道事業財政運営のために必要な財源です。
引き続き、下水道使用料の納付にご理解とご協力をお願いいたします。

農業集落排水事業特別会計の収支状況

平成21年度の収支は、1億5千5百万円の赤字となりましたが、一般会計からの赤字の補填により、形式上は歳入歳出同額の決算となりました。 農業集落排水事業の整備は既に完了していますが、地方債の償還が今後も続くため、実質的な収支不足が今後も続くものと見込まれます。
農業集落排水施設使用料は、健全な農業集落排水事業財政運営のために必要な財源です。
引き続き、農業集落排水施設使用料の納付にご理解とご協力をお願いいたします。

くわしくは、次の資料をご確認ください。

新しいウィンドウで開きます  下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計の収支状況【平成21年度】 PDF 410キロバイト)

掲載日:2011年1月17日