高収益作物次期作支援交付金について

本文にジャンプします
高収益作物次期作支援交付金について

事業の概要

外食需要の減少により市場価格が低落する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援し、国内外の新たな需要促進につなげます。

国による大幅な制度運用の見直しが発表されました。今回の運用見直しは、すでに交付金申請書を提出された方にも適用されます。申請者は今後追加の手続きが必要となります。
詳しくは、農林水産省のHPをご覧ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 農林水産省 高収益作物次期作支援交付金

リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県 高収益作物次期作支援交付金について

運用見直しの概要

(1)交付対象面積を売り上げが前年の同期間より減少した品目ごとの作付面積の範囲とする。また、交付申請金額は、次のア~ウのうち、最も低い額とする。

 ア.令和2年2月以降の売上げが減少した品目ごとの減収額の合計

 イ.令和2年2月以降の売上げが減少した品目の作付面積×支援単価

 ウ.次期作に取り組む面積×支援単価

(2)(1)にともなう申告書の追加提出

リンク・新しいウィンドウで開きます 申告書PDFファイル 199キロバイト) リンク・新しいウィンドウで開きます 申告書Excelファイル 110キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 記入例PDFファイル 573キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 作成の手引きPDFファイル 1653キロバイト)

(3)厳選出荷の対象日数の上限を90日とする

 詳しくは、農林水産省のHPをご覧ください。

※ 以下は、運用見直し前の情報になります。

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市チラシPDFファイル 1120キロバイト)

交付対象者

令和2年2月~4月の間に野菜、花き、果樹、茶等について、出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった農業者(出荷実績、または廃棄等が確認できる書類が必要)
収入保険・農業共済等のセーフティーネットへの加入又は、加入を検討する農業者

※借りている農地については利用権設定のあるほ場が対象となりますので、令和2年10月16日までに手続きをしてください。
※複合経営を行っている農業者については、出荷実績のある高収益作物の経営面積が支援対象となります。

複合経営で支援対象となる面積

複合経営のうち、出荷実績のある高収益作物

野菜・花き

果樹

野菜・花きの経営面積

対象

対象外

対象外

果樹の経営面積

対象外

対象

対象外

茶の経営面積

対象外

対象外

対象

交付内容

(1)高収益作物の次期作に前向きに取り組む農業者への支援

【交付単価】
(1)5万円/10a(中山間地域では単価が1割加算となります。)
(2)施設栽培委のうち高集約型品目の単価
施設栽培の花き、大葉及びわさび      80万円/10a
施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう  25万円/10a
※対象施設:加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設(いわゆる雨よけハウスは除きます。)

【交付対象となる取組要件】
国が定める以下に挙げる取組のうち、同一ほ場に2つ以上の取組項目を実施する農業者に対し、交付金が交付されます。

取組類型

取組項目

ア 生産・流通コストの削減に資する取組

(1)機械化体系の導入

(2)集出荷経費の削減に資する資材の導入

イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

(3)品目・品種等の導入

(4)肥料・農薬等の導入

(5)かん水設備等の導入

ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

(6)土壌改良・排水対策の実施

(7)被害防止技術の導入

エ 作業環境の改善に資する取組

(8)労働安全確認事項の実施

(8)農業機械への安全装置の追加導入、ほ場環境改善、軽労化対策の導入

オ 事業継続計画の策定の取組

(8)事業継続計画の策定等

 ※5万円の取組みは(1)~(8)から2つ選択。
 ※80万円・25万円の取組みは(1)~(7)から2つ選択((3)は必須、(1)~(7)から1つ)。

リンク・新しいウィンドウで開きます 取組例(5万円/10a用)PDFファイル 119キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 取組例(80万円/10a、25万円/10a用)PDFファイル 102キロバイト)

(2)新たな品種や新技術の導入等の取組支援

【交付単価】
取組類型ごとに10アール当たり2万円(中山間地域では単価が1割加算となります。)

【交付対象となる取組要件】
国が定める下記に挙げる取組のうち、1つ以上の取組類型を実施する農業者に対し、交付金が交付されます。

取組類型

取組項目

ア 新たに直販等を行なうためのHP等の環境整備

(1)新規契約の締結

(2)追加契約の締結

(3)需要開拓による販路の変更

イ 新品種・新技術導入等に向けた取組

(1)県知事が定める新品種の導入(※) 

(2)県知事が定める新技術の導入(※)  

ウ 海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

(1)残留農薬基準等への対応

(2)有機農業の認証取得に向けた取組

(3)GAPの認証取得に向けた取組

(4)MPS(花き生産総合認証)取得に向けた取組

    (※) 新品種・新技術を新たに導入する面積が交付対象となります。         
    
  新品種・新技術については、下記をご覧ください。
  
リンク・新しいウィンドウで開きます 野菜PDFファイル 238キロバイト)
  リンク・新しいウィンドウで開きます 花きPDFファイル 156キロバイト)
  リンク・新しいウィンドウで開きます 果樹PDFファイル 147キロバイト)

(3)厳選出荷(花き、茶等)に取り組む農業者への支援

【交付単価】
取組を行った人数・日数に応じ、1人・1日当たり2,200円(2月~4月の間に取組んだ人・日数)

【交付対象となる取組要件】
高品質なものを厳選して出荷する取組に対して交付金が交付されます。
(花きの取組例)
フラワーネット張りの調整
芽かき・摘花・整枝
冷蔵貯蔵等による出荷調整 等

申請書様式

リンク・新しいウィンドウで開きます 交付申請書・取組計画書Excelファイル 37キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 参考様式1-1(取組実施者ごとの面積整理表)Excelファイル 15キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 参考様式2(取組実施者ごとの面積等整理表)Excelファイル 14キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 口座届出書Wordファイル 23キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 申請書の記入例PDFファイル 492キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 申請時提出用チェックシートPDFファイル 334キロバイト)

※2月~4月の間の出荷実績が分かる資料(出荷伝票等)

申請時期

令和2年11月17日(火曜日)まで

申請受付場所

高収益作物をJA鳥取西部に出荷されていない方
米子市役所 経済部 農林水産振興局 農林課
米子市東町161番地2       TEL:23-5221

高収益作物をJA鳥取西部に出荷されている方
JA鳥取西部 営農部 営農企画課
米子市東福原1丁目5番16号  TEL:37-5847

掲載日:2020年10月30日