令和2年度第1回原子力防災専門研修を開催します

本文にジャンプします
令和2年度第1回原子力防災専門研修を開催します

福島第一原子力発電所事故を受けて原子力規制はどう変わったのか、原子力リスクの評価と原子力防災のあるべき姿(合理的で役に立つ防災、実効的な防災をどう確立するか)などの観点から専門家にわかりやすく説明していただく研修を開催します。

令和2年度第1回原子力防災専門研修

日時

令和2年6月30日(火曜日)午後1時30分から4時30分まで(午後1時開場)

場所

鳥取県西部総合事務所 2階講堂(米子市糀町1-160)

内容

講演

原子力リスクの評価と原子力防災のあるべき姿 ―原子力の安全性向上と安全目標(事故抑止)―

講師

東京大学大学院工学系研究科 教授 山口 彰さん

主催

鳥取県(共催:米子市、境港市)

その他

参加申込みに併せて、講師への事前質問を受け付けます。質問があるかたは、申込用紙の裏面にご記入の上、お送りください。

注意事項

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加される際はマスクの着用をお願いします。

参考

リンク・新しいウィンドウで開きます チラシ(申込用紙含む)PDF 1.4メガバイト)

くわしくは、次のリンク先をご確認ください。
リンク・新しいウィンドウで開きます … 令和2年度鳥取県原子力防災専門研修会を開催します(鳥取県公式ウェブサイト)

申込み・お問い合わせ先

鳥取県 原子力安全対策課

電話:(0857)26-7973
ファクシミリ:(0857)26-8805
Eメール:genshiryoku-anzen@pref.tottori.lg.jp

掲載日:2020年6月3日