令和元年度 中央要望(秋)

本文にジャンプします
メニュー
令和元年度 中央要望(秋)

令和元年11月12日(火曜日)に、国土交通省、財務省および地元選出国会議員に対して、次の内容について要望をしました。

要望内容

中国横断自動車道岡山米子線の4車線化について

時間信頼性の確保の観点、事故防止の観点、リダンダンシー確保の観点、また、大規模災害時の早期復旧の観点から、中国横断自動車道岡山米子線(蒜山ICから米子IC間)の4車線化について、以下のとおり要望する。

  • 江府IC付近及び江府ICから溝口IC間における付加車線設置の早期供用を図ること。
  • 本年9月に公表された「高速道路における安全・安心基本計画」で優先整備区間に選定された区間の早期事業化により、蒜山ICから米子IC間の全線4車線化を早急に実現すること。
  • 賀陽ICから北房JCT間についても、付加車線設置の早期供用を図るとともに、全線4車線化を早急に実現すること。

米子・境港間を結ぶ高規格幹線道路の事業化について

北東アジアゲートウェイである重要港湾「境港」及び「米子鬼太郎空港」からの人流・物流の円滑化、津波や原子力災害時における信頼性の高い避難路の確保、米子境港間の慢性的な交通渋滞の解消のため、米子・境港間を結ぶ高規格幹線道路の事業化について、以下のとおり要望する。

  • 事業が凍結されている中国横断自動車道岡山米子線(米子ICから米子北IC間)の凍結を解除すること。
  • 中国横断自動車道岡山米子線(米子市から境港市)について、事業化に向け、計画段階評価の早期着手を図ること。

要望活動の様子

要望活動の様子
要望活動(和田政宗 国土交通大臣政務官)

掲載日:2019年11月19日