鳥取県西部における麻しん(はしか)は感染拡大のおそれはありません

本文にジャンプします
鳥取県西部における麻しん(はしか)は感染拡大のおそれはありません

県内において、平成31年4月19日に麻しん患者の発生がありましたが、その後の調査の結果、本件における県内での感染拡大のおそれはありません。

鳥取県では新たな患者は発生していませんが、現在、全国的に麻しんが流行しています。
麻しんは感染力が強く、合併症として脳炎など重症化することがあります。 詳細な情報は、次のリンクでご確認ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 麻しん(はしか)にご注意ください(鳥取県ホームページ)


掲載日:2019年5月15日