鳥取県内にインフルエンザ警報が発令されました(平成31年1月)

本文にジャンプします
鳥取県内にインフルエンザ警報が発令されました(平成31年1月)

平成31年1月23日、鳥取県内全域にインフルエンザ警報が発令されました。今後、大きな流行が発生するおそれがあるので、手洗いなどの予防対策や咳エチケットなどを心がけて感染予防・感染拡大防止に努めましょう。
症状があった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。受診の際は、医療機関に事前に電話等で連絡し、受診時間・受診方法について相談の上、マスクを着用してください。

重症化のサインに注意しましょう

自宅で療養中に次のような症状が現れたら、すぐに医療機関を受診してください。

  • 子どもの場合
    息苦しそうにしている、顔色が悪い、嘔吐が続いている、呼びかけに答えない、意味不明のことを言う、など
  • 大人の場合
    発熱が続いている、嘔吐が続いている、息苦しい、胸の痛みが続いている、など

【参考】

リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県インフルエンザ情報(鳥取県公式サイト)

掲載日:2019年1月25日