当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

年末の交通安全県民運動が始まりました(平成30年12月)

本文にジャンプします
年末の交通安全県民運動が始まりました(平成30年12月)

つくろうよ 事故なし 笑顔の鳥取

平成30年12月12日(水曜日)から21日(金曜日)までの10日間、年末の交通安全県民運動が実施されます。

運動の重点

  1. 夕暮れ時と夜間の交通事故防止(特に、反射材用品の使用と前照灯の早期点灯)
  2. 飲酒運転の根絶
  3. 高齢者、子ども及び障がい者の交通事故防止
  4. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 

この時期は一年を通じてもっとも日暮れが早く、また、降雪等により道路環境が悪化することなどから、交通事故の多発が懸念されます。

このようなことから、夕暮れから夜間にかけての反射材用品の活用や、スピードを控えた安全運転・前照灯の早期点灯を推進するとともに、高齢者や子ども、障がい者に対する思いやり運転の実践等、交通安全の関係者が市内各所で運動を展開します。

皆さん、交通ルールを守るとともに正しい交通マナーを実践しましょう!

年末の交通安全県民運動推進式を実施しました

運動初日の12月12日(水曜日)に、米子市文化ホールで推進式を実施しました。
今回の式では「東みずほ幼稚園」の園児の皆さんの元気な歌声とダンスを披露していただきました。
推進式での警察あいさつ 東みずほ幼稚園のみなさん

今後の取組みについては、12月14日(金曜日)に境港市と合同でドライバー広報、16日(日曜日)にホープタウンで米子警察署と合同でチャイルドシート及び横断歩道の正しい渡り方の啓発並びに自転車マナーアップ広報、21日(金曜日)に飲酒運転根絶及び反射材広報を予定しています。

掲載日:2018年12月13日