平成26年度の学校給食費

本文にジャンプします
平成26年度の学校給食費

平成26年度の学校給食費は、1食当たり小学校270円(4円値上げ)、中学校318円(5円値上げ)といたします。
米子市の学校給食費は、平成20年度に値上げして以来そのまま据え置いてきましたが、牛乳と副食が、平成26年度の消費税率引上げにともなって値上がりするため、やむを得ず値上げすることといたしました。
米子市では、これからも成長期の子どもたちの心身の発達のために、安心安全な学校給食を提供してまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

平成26年度の学校給食費

主食

学校給食用パン(コッペパン)及び米飯の価格は、公益財団法人鳥取県学校給食会が決定した売渡価格に基づいて算出しました。

パン

パンの年間使用計画を作成し、基本パンであるコッペパン、麺類併用の小型パンに加えて、黒糖パン、変形パン(バンズパン)、季節感のある食材を基本パンに練り込んだ本市独自の練り込み加工パンを取り入れます。
パンは、米飯と同様に主食であるということを基本に、し好的にならないように注意を払いながら、子どもたちにとって学校給食の楽しみの一つとなるように変化を持たせます。  
学校給食用パン(基本コッペパン)の売渡価格は、昨年度と比較して小学校52銭、中学校75銭の値上がりとなっています。

米飯

米飯は、週4回としています。そのうち月1回程度は麦ご飯、月2回程度はアルファー化米を使用した炊き込みご飯、年に1回は赤飯を取り入れます。
精白米は、米子市産で「コシヒカリ」50パーセントと「ひとめぼれ」50パーセントのブレンド米である「おかわりくん」を使用しています。
学校給食用米飯の売渡価格は、小学校2円97銭、中学校3円72銭の値上がりとなっています。

これらのことから、パンと米飯の価格を、次のとおり算出しました。

主食の価格
小学校

パン:年間1,939.57円(年間43回)
米飯:年間8,714.95円(年間158回)
合計:年間10,654.52円(年間201回)

平均単価:53.01円

中学校

パン:年間2,230.73円(年間43回)
米飯:年間10,163.19円(年間158回)
合計:年間12,393.92円(年間201回)

平均単価:61.66円

牛乳

学校給食用牛乳は、酪農の健全な発達を図るとともに、児童及び生徒の体位・体力の向上に資することを目的とした「学校給食用牛乳供給事業」の補助制度に参加して提供を受けています。本年度の契約価格は1本当たり41銭の値下がりとなっています。

牛乳の供給価格

小学校・中学校とも、1本43.90円

副食

副食(おかず)は、成長期にある子どもたちの心身の発達と健康を考えて、基本的には昨年と同様とし、旬の産物や地場産物を活かした献立・郷土食などを取り入れることにより、地産地消の推進を図りながら、生きた教材として魅力ある給食となるように配慮しています。
価格は、学校給食の標準食品構成と昨年度の食品使用頻度をもとに、昨年度の物資購入単価、鳥取県学校給食会や米子市学校給食会などからの物資関係情報、米子市の4月・5月分物資入札価額などを参考に、次のとおり算出しました。

副食の価格
小学校

年間金額:30,929.88円(201回)

平均単価:153.88円

中学校

年間金額:38,071.41円(201回)

平均単価:189.41円


小学校の給食費(1食当たり)

  主食 牛乳 副食 消費税 合計 給食費
平成
26年度
53.01円 43.90円 153.88円 20.06円 270.85円 270
平成
25年度
55.19円 44.31円 153.88円 12.67円 266.05円 266
差額 マイナス2.18円 マイナス0.41円 0円 プラス7.39円 プラス4.80円 プラス4円

 

中学校の給食費(1食当たり)

  主食 牛乳 副食 消費税 合計 給食費
平成
26年度
61.66円 43.90円 189.41円 23.59円 318.56円 318
平成
25年度
64.38円 44.31円 189.41円 14.91円 313.01円 313
差額 マイナス2.72円 マイナス0.41円 0円 プラス8.68円 プラス5.55円 プラス5円

 

【資料】

新しいウィンドウ・タブが開きます 平成26年度の学校給食費 (PDF 20キロバイト)

掲載日:2014年5月2日