平成25年成人式を開催しました

本文にジャンプします
メニュー
平成25年成人式を開催しました

平成25年米子市成人式 平成25年米子市成人式 平成25年米子市成人式

新成人を祝う「米子市成人式」を、平成25年1月3日(木曜日)に行ないました。
対象者は、平成4年4月2日から平成5年4月1日までに生まれたかたで、男性774人、女性688人の計1,462人にのぼりました。式典には、約1,200人が出席し、誓いも新たに大人の仲間入りをし、新成人として旅立ちました。

成人式式典

若あゆ連 

オープニングでは、米子がいな太鼓保存会「若あゆ連」の皆さんに、迫力ある元気のよい演奏を披露していただきました。

式典の様子 

新成人を前に、野坂市長が、次のとおり激励の言葉を述べました。

「式辞」

皆さんこんにちは。平成25年の成人式を迎えられる1,462人の新成人の皆さんおめでとうございます。そして、米子市民を代表して、今年、成人式を迎えられたことを心からお喜び申し上げます。そして、この成人式にはたくさんの来賓の方々にご臨席賜りまして、心から感謝申し上げます。また、成人式の企画・運営をしていただいた、実行委員会の方々に感謝を申し上げる次第でございます。

本日ここにお集りの皆さんの中には、すでに社会人になっている方もおられるでしょうし、また学業に励んでいたりと、立場はさまざまでしょうが、この20歳を持って社会の一員としてさまざまな権利や義務が課せられます。責任ある自立した社会人として、マナーを守っていかなければなりません。

また、皆さんが成長するにあたり、ご家族の方、先生、地域の方など多くの方々にお世話になったことと思います。ぜひご自分の言葉で、感謝の意を表していただきたいと思います。

それでは最後になりますが、皆さんのさらなるご発展とご多幸を祈念し、お祝いの言葉といたします。

記念感想文入賞者表彰

成人式の記念行事として募集した記念感想文には、学生や社会人など21人の方から応募がありました。
その中から4作品を入賞作品に選び、式典で表彰しました。

リンク平成25年成人式記念感想文入賞作品

新成人を代表し、記念感想文で最優秀賞を受賞した岩木奈穂(いわきなほ)さんが、支えてくれた人への感謝の気持ちやこれからの夢などをこめた誓いの言葉を述べました。

「新成人 お礼と誓いのことば」

新成人 誓いのことば

私たちの人生の門出となるこの機会に、このような素晴らしい式典を開催してくださいましたこと、新成人代表して心より感謝申し上げます。

そして、野坂市長をはじめご来賓の皆様からの心に染みるご祝辞、励ましの言葉をいただきありがとうございました。

私が物心ついたときに見ていた二十歳の女性は、大人のお姉さん。何でも一人でできて、親からも怒られない。たくさんの自由を手にして、きちんと自分に責任を持っている。…気づいたら私も、年齢の上ではいわゆる「大人のお姉さん」になっていて、けれど実際はその内実も自覚もないままに、幼いころからの憧れだった振袖に腕を通す。

中学での不登校、高校中退、大検取得…これまで本当に色々なことがあって、この米子の地に生まれたことを最悪!と思ったこともあった私。特に思春期には学校、家、自分、もう何もかもがいやになって、ここに生まれたことを受け入れることができませんでした。けれど、私はいま、自分の生まれ育ったこの米子のまちが大好きです。なぜならこのまちには、どん底にいた私を勇気づけ、夢を見つけさせてくれた人たち、いつでも私をあたたかく迎えてくれる人たちがいるからです。

自暴自棄になっていたころに出会い、今でも大切にしている言葉があります。ひとつは「実り多き人生」。これは、私の名前にある穂の字を稲穂の意味につなげたもので、中学の卒業式に担任の先生が色紙に書いてプレゼントしてくれた言葉です。つらい最中には感じることができなかったけれど、乗り越えてから振り返ってみると、そこには必ず多くの人の支えがありました。この言葉を見ていると「どんな時も自分を見ていてくれる人はきっといる」と思えて、勇気がわいてきます。

もうひとつは、「道がなくなることはないから大丈夫」という母の言葉。道に迷いそうになったとき不思議といつも浮かんできて、良くも悪くも自分の決断に自信を持たせてくれます。その決断を周りに反対されて、たとえ結果が失敗に終わったとしても、その先には必ず何かしらの道がある。この言葉に背中を押してもらいながら、ここまでやってきた気がします。「失敗してもいいんだよ。またほかの道を探そう」と。

いま、私は大学で心理学を学んでいます。カウンセリングの知識を身につけ、将来、人の魅力を引き出し、多くの人を笑顔にできるような仕事をしたいと思っています。これから先、これまで以上に大きな壁がたちはだかることがあるかもしれません。しかし、夢に向かって挑戦し続けられる大人でいたいです。我武者羅に前に進み、「気付いたら夢が叶っていた」と言えたら最高です。思い描いていた二十歳と、今の自分とのギャップを楽しみながら、少しずつ私なりに「大人のお姉さん」になっていきたいと思います。そして、この二十歳という成人としての節目に改めて言いたいのは、自然に溢れた米子に産み育ててくれた両親と、大好きなこの地で出会った人たちへの「ありがとう」の言葉。

今日、この夢と志を胸にこれから成人として笑顔が絶えない素晴らしい歩みを築くことを決意し、誓いの言葉とさせていただきます。

アトラクション

MILEY CHOCOLATE(マイリー ショコラーテ)ライブ

アトラクション 

ボーカル:梅崎美紀(うめざきみき)さん
ピアノ:松本侑子(まつもとゆうこ)さん

高校1年生でユニットを結成し米子のライブハウスをはじめウエディング会場、イベントなどで音楽演奏してきたお二人です。高校卒業後はそれぞれの道を歩み出していましたが、今年成人を迎え再結成し、パワフルな演奏を披露していただきました。また、実行委員も特技を披露しアトラクションを盛り上げました。

思い出のスライドショー

新成人が卒業した中学校や養護学校の校舎や風景、お世話になった先生方を撮影したDVDを、各学校の校歌にあわせて上映しました。

掲載日:2013年1月8日