少年指導委員

本文にジャンプします
少年指導委員

少年指導委員

少年指導委員は、関係機関、団体の推薦により市長が委嘱及び任命します。任期は2年です。少年指導委員は、子どもの安心安全のために、少年育成センターと連携してそれぞれの立場で、街頭指導や安全パトロール、環境浄化活動等を行ないます。

少年指導委員委嘱状況(平成30年6月1日現在)

所属機関団体名 指導委員数
小学校 23人
中学校 11人
高等学校 10人
各種学校 1人
地区青少年育成会 109人
米子青年会議所 3人
連合婦人会 2人
更生保護女性会 2人
民生委員・児童委員 26人
保護司会 3人
BBS 1人
社会福祉協議会 1人
児童相談所 1人
百貨店・スーパー等 3人
西部少年サポートセンター 2人
警察署 2人
市有施設(公会堂等) 6人
こども未来局 8人
合計 214人

地区少年指導委員会

地区少年指導委員会

中学校を事務局として各小学校または中学校区に地区指導委員会を組織しています。地区ごとにまとまって、子どもの見守りや地域の巡回パトロール、環境浄化活動などをおこなっています。また、この会の代表者は毎月開催される少年指導委員代表者会に出席します。

少年指導委員代表者会

西部少年サポートセンター、警察署生活安全課、米子市教育委員会、小・中・高等学校の代表者、少年育成センターが参加し、毎月1回開催されます。青少年の健全育成について情報交換や安心安全のサポートについて協議します。