当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成23年「年末の交通安全県民運動」

本文にジャンプします
平成23年「年末の交通安全県民運動」

年末は交通量が増えます。また、日没時間も早く、帰宅時間には暗くなります。交通事故が起こりやすくなりますので、さらに安全運転を心がけるようにしましょう。
飲酒の機会が多くなりますが、ハンドルキーパーを決めたり、公共交通機関を利用するなどし、交通ルールを守りましょう。
自動車やバイクの運転者は、早めにライトを点灯して速度を守り、ゆとりと思いやりをもった運転をしましょう。
自転車も「車両」です。暗くなったらライトをつけ、交通ルールを守って安全運転をしましょう。
歩行者は、明るい服装や反射材を身に着けるなど、暗くても車の運転者から発見されやすいようにしましょう。
お互いがゆずりあいの気持ちをもって、交通マナーを向上させましょう。

交通安全運動期間中には、安全運転広報を行ないます。皆さんも安全運転にご協力ください。

平成23年「年末の交通安全県民運動」

運動スローガン

ゆずり合う ゆとりと笑顔 防ぐ事故

運動の期間

平成23年12月13日(火曜日)から22日(木曜日)までの10日間

運動の重点

  • 高齢者と子どもの交通事故防止
  • 飲酒運転の根絶 
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(反射材の使用と前照灯の早期点灯)
  • すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
掲載日:2011年12月9日